妊娠中に食べてはいけないものってあるの?

妊娠すると、気をつけないといけないのが食事です。

とくに食べてはいけないと言われるものを
知らずに食べているのではと思うと心配になりますよね。

そこで、妊娠中に食べてはいけないものをよく知って、
赤ちゃんに悪い影響が及ばない様に気を付けましょう。

  [スポンサードリンク]

妊娠中に食べてはいけないものは?

まず、一番はじめに控えたいものと言えば、アルコール

妊娠中にアルコールを接種すると赤ちゃんの中枢神経に影響を与えたり
胎児性アルコール症候群などの危険もありますので妊娠中は
ぜったいにアルコールは呑まないようにしょう。

また、生肉や生ハム、スモークサーモンなどには、
トキソプラズマという寄生虫がいて感染すると
胎児に障害が出る可能性があると言われています。

ですから、加熱が不十分な肉でも感染することがありますので、
肉類はしっかりと中心部の赤みがなくなるまで火を通しましょう

生ハム

そして生の貝類にはノロウィルスを含む食中毒の原因菌が蓄積している
ことが多いので生食は避けた方がよいでしょう。

このほかにウナギのかば焼きやレバーなどには
動物性由来のビタミンAが多く含まれていて
妊娠初期の過剰摂取は奇形が起こるリスクが高いと言われています。

お寿司は食べても大丈夫?

妊娠中にはお寿司を食べない方が良い
と言われているのをご存知でしょう。

実は、妊娠中は平常時よりも免疫力が下がりがちになるのです。

ですから普段は全く問題ない食べ物でも
食中毒を起こしてしまうことがあります。

とくに生魚にはリステリア菌が付着しています。

日本では衛生管理が行き届いているので
ほぼ発生しない食中毒ですが
皆無ではないので気を付けましょう。

また、水瓶を含む魚は生で食べるのは
妊娠中は避けるべきと言われています。

水銀が含まれているのが金目鯛、
メバチマグロ、本マグロ、メカジキなどです。

どうしても食べたい場合は、
2日に1貫ほどにしておきましょう。

チョコレートは大丈夫?

mSw15i

甘いものが大好きでチョコレートは欠かせない
という妊婦さんもいるでしょう。

では、チョコレートは妊娠中に食べても大丈夫でしょうか?

妊娠中でもチョコレートを食べても問題はありません。

ただ、食べすぎは脂質や糖質のとりすぎで
肥満や糖尿病の原因になったり、
検査の際には尿糖と診断されることがあります。

また、チョコレートには少量のカフェインも含まれています。

ですから、カロリーなどに注意して食べすぎには注意しましょうね。

まとめ

妊娠中は気をつけないといけないことがたくさんあります。

とくに直接赤ちゃんへの影響も考えられる
食事はバランスよくとりたいもの。

食べてはいけない物などは頭に置いて、
健康な体をつくれるような食事を心がけましょう。