アーモンドの効能!おすすめの食べ方は?

最近とても注目されているアーモンドですが、一体どんな効能があるのでしょうか?

今回はアーモンドの栄養素や効能、おすすめの食べ方についてご紹介します!

  [スポンサードリンク]

アーモンドはどんな食べ物?

アーモンドはバラ科サクラ属の、落葉高木から採ったナッツのことです。

アーモンドの原産はアジア西南部です。

近年では南ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどで主に栽培されています。

アーモンドはカリフォルニア州が最大量の生産地で、日本では小豆島などで栽培されています。

アーモンドの栄養素は?

アーモンドの1番代表的な栄養素は、ビタミンEです。

ビタミンEは細胞の酸化を防ぐ抗酸化作用があり、人間の老化のスピードを抑えてくれる効能があります。

またアーモンドはオレイン酸を多く含んでいます。

オレイン酸は不飽和脂肪酸なので、悪玉コレステロールを制御する効能があります。

他にもアーモンドは、カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛などのミネラルを多く含んでいます。

almond_shell18

アーモンドの嬉しい効能は?

アーモンドには人間の体にとって良い栄養素が多く、嬉しい効能をもたらしてくれます。

アーモンドの嬉しい効能をいくつかご紹介します。

①老化防止や若返りの効能。

②肌のたるみ、しわなどを抑える効能。

③貧血を予防する効能。

④便秘を解消する効能。

⑤血液をサラサラにして血圧を整える効能。

⑥腸内環境を整え、デトックスする効能。

⑦ダイエットの手助けをする効能。

アーモンドはオリーブオイルなどと同様に不飽和脂肪酸なので、効果的なダイエットが期待できます。

ダイエット後のリバウンドも、少ないとされています。

アーモンドの食べ方のポイントは?

アーモンドは生の方が栄養素が高いので、できれば殻つきのアーモンドを購入してそのまま食べましょう。

ローストしたアーモンドの場合は、薄皮ごと食べるようにして下さい。

アーモンドの薄皮には、フラボノイド類(ポリフェノールの一種)が多く含まれています。

アーモンドのおすすめの食べ方は?

アーモンドの栄養成分を余すことなく取り込むのに、おすすめの食べ方をいくつかご紹介します。

①スムージーなどに追加して飲む。

②ブレンダーなどでなめらかにして、ミルクを足して飲む。

almondmik

③フードプロセッサーなどで細かく砕いて、サラダや和え物などにトッピングして食べる。

④ペースト状にして醤油や味噌と和え、ご飯やパンと一緒に食べる。

cached

アーモンドの1日の摂取量の目安は?

アーモンドの1日の摂取量の目安は、20~23粒くらいです。

アーモンドを23粒摂取した場合の主な栄養成分は、食物繊維は玄米200g分、カルシウムは牛乳100mL分。

マグネシウムはホウレンソウ120g分。

ビタミンEはアボカド250g分となっています。

市販されてるローストアーモンドは、塩や油なども追加されています。

なので出来れば生のアーモンドを購入して、上手に食生活に取り入れて下さいね!