柚子茶の簡単レシピ!どんな効能があるの?

柚子茶はビタミンCが豊富なので、風邪が流行する季節にはとくに人気がありますよね。

今回はそんな柚子茶の効能や柚子茶の簡単レシピ、柚子茶のおすすめの頂き方をご紹介します!

  [スポンサードリンク]

柚子茶の効能は?

柚子茶は昔から、風邪予防にとても効果があると言われてます。

柚子を湯船に入れて入浴すると、体がぽかぽかと温まりますよね。

柚子には体を温めてくれる効果があるので、柚子茶を飲んでも同じような効果が得られるのです。

柚子にはレモンの3倍ものビタミンCが含まれており、
柚子茶には美肌効果もあると言われています。

他にも柚子茶には労回復効果や抗癌効果、新陳代謝を良くする効果などがあります。

柚子茶は美味しいだけでなく、とっても体に良い飲み物なのですね。

柚子茶の簡単レシピ

材料

柚子6~7個(500g)、氷砂糖500gです。

170oj_03

作り方

①柚子茶の保存容器は、熱湯消毒しておきます。

②柚子はよく水で洗って、洗ったら水気をよく拭き取っておきましょう。

柚子の表面の農薬やワックスが気になる場合は、熱湯に晒しておくと良いです。

その後水気をよく拭き取っておきましょう。

③柚子の皮を丁寧に剥きます。

包丁で柚子に十字に切り込みを入れると、剥きやすいです。

④剥いた柚子の皮は4等分にカットして、皮の内側の白い筋と厚い白い部分を削ぎます。

柚子の実は、白い筋を取り除いて下さい。

⑤柚子の皮を千切りにします。

⑥実は一房ずつほぐしてから、半分にカットします。

種を取り除いたら、切った皮と実をボウルに入れて混ぜます。

⑦保存容器の底から、柚子100g&氷砂糖100g、柚子200g&氷砂糖200g、柚子200g&氷砂糖200gの順番に漬けます。

最後に氷砂糖で覆います。

⑧保存容器の蓋をして、冷暗所で保存します。

冷蔵庫で保存してもOKです。

⑨1日1回保存容器の蓋をしたまま、振って混ぜて下さい。

7~10日くらいで氷砂糖が溶けて、ジャム状になります。

最初に漬けた時の半量位になったら、完成です。

柚子と氷砂糖は、1:1の割合で漬けると覚えておきましょう。

柚子茶の出来上がり後は、冷暗所で保存して約3ヶ月は日持ちします。

柚子茶の美味しい頂き方は?

20300000169980133102660028572

マグカップに柚子茶大さじ2を入れ、熱湯150ccを注いで頂きましょう!

ホットにすると、柚子茶の良い香りがより楽しめます。

暖かい季節は、アイスにして飲むのもオススメです。

アイスクリームやヨーグルトにかけても、ジャム代わりになるので美味しいです。

体も心もあたたまる柚子茶は、少ない材料で簡単に作ることが出来ます。

柚子茶は美味しいのはもちろん体にとても良いので、毎朝飲む習慣をつけると良いですね。