入園式はパパもママも準主役

子供の入園式は子供にとっての一大イベントでありますが、
お父さん、お母さんにとっても大切なもの。

mama_child

子供にとってカッコいいお父さん、美しいお母さんは
何事にも代えがたい自慢の存在。

子供のためにも素敵なお父さんとお母さんでいたいですよね。

そんな素敵なお父さんとお母さんであるためには、
センスの良いコーディネイトが必須です。

昔のお母さんは和服でビシッと決めて凛とした気品と美しさがあったものですが、
現代は和服を着る女性は少なくなりました。

動きやすさや手軽に着用できることから、
入園式や入学式、卒業式などでは、ほとんどスーツ姿が定番となっています。

入園式で「綺麗なママ」といわれるためのスーツ選びを探求してみましょう。

入園式スーツの選び方

入園式のスーツは、自分に合った色合いを選ぶようにしましょう。

入園式などは、特に両親揃って出席することが多いので、
お父さんのスーツの色がダーク系の場合、
お母さんのスーツは明るめのパステルカラーですとバランスが良く、
春の桜を思わせるようなイメージで好感が持てます。

秋篠宮ご夫妻のスタイルを少しご参考になさって下さい。

PN2010040901000272.-.-.CI0003

シックにまとまった殿下と悠仁さまのスタイルに、
紀子さまの明るいスーツが際立ちます。

普段から黒や紺、グレー系のスーツの着用が多いお母さんは、
明るめのスーツを一着揃えておくと重宝します。

入園、入学式はパステルカラー、
卒園、卒業式はダークカラー、といったスタイルもおすすめです。

黒やダーク系でもコサージュなどで華やかさを演出すれば全く問題はなく、
その人それぞれの着こなしの個性を生かすことが最高の装いになります。

また、淡い色合いが似合う人と、ダーク系が似合う人がいます。

どんなにパステルカラーがおすすめとはいえ、
それを着ることで逆に太って見えてしまったり、
顔の印象がぼやけたりすることもあります。

自分にぴったり合う色合いを選ぶことが大切ですね。

特に黒は、アレンジ次第でとても気品のある装いが出来上がりますので、
コーディネイトに工夫を凝らしてみましょう。

  [スポンサードリンク]

スーツは上品かつ清楚に ブランドよりも着こなし術

ブランドスーツが人間の価値を決めるものではありません。

ブランド物は縫製もしっかりしていますし、素材も品質も最高級です。

だからといってブランドものを着ればそれでいいかということではなく、
いかに自分らしく、素敵に着こなすことが出来るか・・・が大切なのです。

「○○ちゃんのママの洋服素敵ね」 と言われるよりも
「○○ちゃんのママ、綺麗ね」 と言われた方が良いですよね。

ブランドスーツなら、それを着こなせるだけの内面を磨く必要があります。

「肉の塊がブランドスーツを着て歩いている」 

なんて笑えないですよ。

ブランドスーツかどうかなんて、他のお母さん方が注目する程度です。

ノーブランドでもカッコよく着こなしているお母さんはたくさんいます。

ブランドスーツでも、見てくれオーラを一切出さずに着こなしている人もいます。

明らかにブランドスーツ!というスタイルで、
でっかいエルメスバッグを引っ提げて入園式に登場するお母さんもいますが、
目のやり場に困ります。 そんな馬鹿でかいバッグ、入園式に必要ですか?

あくまでも主役は入園式と子供。

お母さんのブランドファッションショーではありません。

可愛い我が子にとって「母親」としての最高の装いであるかどうかが
一番大切なのではないでしょうか。