寝不足でめまいは起こる?原因や対処法!

寝不足でめまいは発生しやすくなることを、皆さんご存じでしょうか?

では寝不足でめまいは、なぜ起こるでしょうか。

今回はそんなめまいの原因や対処法、めまいの原因となる寝不足の解消法をご紹介します!

  [スポンサードリンク]

めまいの原因には何がある?

めまいの原因には、低血圧や過労などが挙げられます。

寝不足の人は低血圧になりやすいので、めまいが起こりやすくなります。

寝不足だと自律神経も乱れてしまい、めまいが起こりやすくなってしまいます。

またストレス、疲労、塩分や脂肪分の摂り過ぎも、めまいの原因になると言われています。

ストレスや疲労が溜まると、三半規管の中にある耳石という部分にズレが起きます。

それによりめまいが起きるのです。

寝不足が原因のめまいの対処法は?

寝不足が原因で起こるめまいは、静かに楽な姿勢で座っていればすぐに収まります。

しかしそれは、一時的なめまいの対処法に過ぎません。

やはり寝不足が原因のめまいを対処するには、睡眠を改善する必要があります。

snapcrab_noname_2013-10-24_17-47-13_no-00

寝不足になると現れるめまい以外の症状は?

寝不足になるとめまい以外にも、様々な症状が現れます。

主な症状をいくつかご紹介します。

①頭痛や吐き気。

②肌荒れを起こし、肌ツヤが悪くなる。

③食欲が無くなる、または食欲旺盛になる。

④集中力が低下する。

⑤体が重く感じてだるい。

⑥イライラしやすくなる。

⑦免疫力が低下して、風邪を引き易くなる。

⑧体臭が強くなる。

⑨痔になりやすくなる。

⑩情緒不安定になる。

めまいの原因ともなる寝不足の解消法は?

めまいの原因となる寝不足の解消するには、いくつかの効果的な方法があります。

寝不足を解消するには、睡眠の質を上げることが大切です。

就寝前に、いかにリラックスしているかが大切です。

最も効果的なリラックス法は、温かいお風呂にゆっくりと入浴することです。

入浴する際にはお好きな香りの入浴剤や、リラックス効果のある入浴剤を入れると良いでしょう。

逆に就寝前にしてはいけないことは、パソコンやスマホなどをいじることです。

パソコンやスマホの画面は脳に刺激を与えてしまうので、睡眠を妨げてしまいます。

また睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。

睡眠のサイクルは90分ごとに繰り返されるので、そのサイクルに合わせた睡眠時間を取ると目覚めも良くなります。

ストレスや悩みを抱えていると睡眠の妨げになるので、それらを取り除くよう心掛けることも大切です。

寝不足が原因でめまいが起こることは、確かに多いです。

しかし寝不足からくるめまいだと、簡単に決め付けるのは危険な場合もあります。

いつまでもめまいの症状が続くようなら、早めに病院へ行くようにして下さいね。