人気の白髪隠しは?タイプ別にご紹介!

髪の生え際や分け目などは、どうしても白髪が目立ってしまいますよね。

そんな白髪が目立つ部分には、白髪隠しがオススメです。

人気の白髪隠しをタイプ別にご紹介したいと思います!

  [スポンサードリンク]

白髪隠しってどんな商品なの?

白髪を「染める」という発想ではなく、「隠す」という発想から生まれたのが白髪隠しです。

白髪隠しはカラーリングのように、髪の内側から白髪を染めるのではありません。

白髪隠しは髪の表面に色を付けていくだけの、いわゆる「お化粧」のようなものです。

白髪隠しはお出かけ前にサッと白髪に塗って、一時的に白髪を隠せる商品です。

なので白髪隠しは落とすのも簡単で、お風呂でシャンプーすればOKなのです。

白髪隠しは毎朝塗る手間はありますが、カラーリングではないので髪も傷みません。

白髪隠しは様々な種類が販売されていますので、人気の白髪隠しを次にご紹介していきたいと思います。

人気の白髪隠しタイプ①
「ステイック・スプレータイプの白髪隠し」

topimage

ステイックタイプの白髪隠しは、リップ感覚で一塗りすればOKです。

スプレータイプの白髪隠しは、化粧水感覚でスプレーするだけでOKです。

これだけの作業で、簡単に白髪を隠すことが出来ます。

お風呂でシャンプーすれば、白髪隠しの色は落ちて元通りの髪色になります。

白髪隠しは時間が経つと落ちてきてしまう場合があります。

その場合は外出先でも、手直しが必要になりますよね。

そこで活躍するのが、ステイックタイプの白髪隠しです。

ステイックタイプの白髪隠しはコンパクトサイズなので、持ち運びがとてもし易いです。

スプレータイプの白髪隠しは服を汚す可能性もあるので、自宅でのみ使用することをオススメします。

人気の白髪隠しタイプ②
「マスカラタイプの白髪隠し」

13122421

マスカラタイプの白髪隠しの特徴は、細かい部分の白髪を確実に隠すことが出来ることです。

そして他の白髪隠しに比べて、比較的色が落ちにくいというメリットもあります。

商品によっては、洗い流す必要がないマスカラタイプの白髪隠しもあります。

そのような白髪隠しは、使い続けることで徐々に白髪が染まっていきます。

マスカラタイプの白髪隠しには、1つ注意点があります。

マスカラタイプの白髪隠しはダマになりやすいので、塗る際には注意が必要です。

液の量が多すぎるとダマになってしまうので、マスカラタイプの白髪隠しを塗る際には液量に注意しましょう。

人気の白髪隠しタイプ③
「ヘアカラートリートメントタイプの白髪隠し」

41e36-hslhL._SY300_

トリートメントで優しく髪のケアをしながら、白髪を染める効果がある商品です。

ヘアカラートリートメントタイプの白髪隠しの効果は、髪質や髪の傷み具合に大きく影響されるので個人差があります。

ヘアカラートリートメントタイプの白髪隠しを使う際は、ヘアキャップをかぶると成分が髪に浸透しやすくなります。

効率的に白髪を染めたい場合は、必ずヘアキャップをかぶって下さいね。

また石油系シャンプーは洗浄力が強いので、髪の毛の脂分を落とし過ぎてしまう場合があります。

すると髪や頭皮が乾燥してしまい、ヘアカラーをしても染まりにくい髪質になってしまいます。

ヘアカラートリートメントタイプの白髪隠しを使う場合は、アミノ酸系シャンプーにすることをオススメします!

白髪が目立つだけで老けて見えてしまいますので、やはりお出掛けの際には白髪は隠したいですよね。

ご自身に合った白髪隠しが見つかると良いですね!