見やすくなる手帳の活用術!選び方のポイントは?

実用的で役に立つ手帳は、
社会人、主婦、学生さんの必須アイテムですよね。

今回はそんな手帳の選び方のポイントや、
見やすくなる手帳の活用術をご紹介します!

  [スポンサードリンク]

手帳の選び方のポイントは?

手帳は基本的には1年使うものなので、
手帳選びに失敗したくないですよね。

手帳の選び方のポイントは、
まずは好きなデザインや柄の手帳を選ぶことです。

手帳は毎日使うものなのだから、
やっぱり自分が見てテンションが上がる手帳が良いです。

手帳にはマンスリー型とウィークリー型がありますが、
マンスリー型の手帳の方が使い易いです。

マンスリー型の手帳だと、1ページ見れば
1か月分の予定を見ることが出来ます。

k1993763307

ウィークリー型の手帳は予定を多く書くことが出来ますが、
1か月分の予定を見る際にはかなり面倒です。

また手帳カバーにポケットがあるタイプの手帳や、
レフィルが追加できるタイプの手帳がオススメです!

見やすくなる手帳の活用術①
~ペンで色分けする~

ペンの色毎にルールを決めて、
ルールに従ったペンの色で手帳に記入をするのです。

例えば「黒のペンは雑用、赤のペンは重要、
青のペンはビジネス、緑のペンは楽しい予定」などです。

ペンの色はどのように決めてもOKです。

しかし赤は一番目立つ色なので、
出番が少ない重要な予定を書き込む際に使う良いです。

ペンの色は多すぎてもごちゃごちゃと見にくいので、
3色から5色程度がオススメです。

黒のペンで手帳に記入して、文字の上から
カラーマーカーで色分けしてもOKです!

見やすくなる手帳の活用術②
~記号や略字を使う~

人に見られたくない事や毎回手帳に書くのが面倒な場合は、
記号やマークを使うのがオススメです。

記号や略字で予定を表せたら、
文字で手帳に書きこむよりもスペースも取りません。

自分だけが分かるような記号選びをしましょう。

略字は例えば、「MTG:ミーティング、TE:TELがくる、
AP:アポイントメント、P:宴会
」などといった感じです。

見やすくなる手帳の活用術③
~マスを線で上下に区切る~

1日のマスを線を引いて上下に区切ると、
とても予定が見やすくなります。

例えば上下でオンとオフを使い分けたり、
毎日の目標と結果などを書いても良いでしょう。

毎日の予定と、支出管理や
健康管理を書くのもオススメです!

見やすくなる手帳の活用術④
~ポストイットを使う~

070116a

手帳にたくさんの予定や管理したいことを書き込んでいると、
どうしてもスペースが無くなってしまいますよね。

そこで活躍するのがポストイットです。

ポストイットの便利なところは、
やはり貼ったり剥がしたり出来るところです。

終わったら見る必要が無くなる予定などは、
ポストイットに書いて終わったら剥がしてしまいましょう。

逆に重要な予定などをポストイットに書く場合は、
ポストイットが剥がれないようにテープで留めて下さい。

ポストイットも色分けすると、
より見やすい手帳になります。

ポストイットの代わりに、
マスキングテープを使ってもOKです!