妊娠中の便秘はどうしてなるの?便秘解消法は?食べ物は?

妊娠中には便秘に悩まされる方も多いでしょう。

普段は便秘で悩まされたことがないという人も
妊娠中は便秘になることもあり、普段から便秘気味という方は
妊娠中はさらに激しい便秘に苦しむこともあるようです。

そこで今回は、妊娠中の便秘について、
解消法や効果的な食べ物などをご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

妊娠中に便秘になりやすい理由は?

なぜ妊娠中に便秘になりやすいのでしょうか?

それはいくつかの理由が考えられます。

その一つが、女性ホルモンのひとつである
黄体ホルモンの分泌が増えることにあります。

このホルモンは体内の水分量を維持して
大腸からの水分吸収を促すので
便の水分が不足することで、便が排出しにくくなるのです。

また、腸の運動機能も低下してしまいがち。

さらに赤ちゃんの成長に伴い子宮が大きくなり
腸を圧迫することで便の通り道が狭くなってしまい、
便を排出する妨げになることもあります。

また、妊娠中の水分不足や運動不足、ストレスなど
便秘の原因となってしまいます。

妊娠中の便秘解消法は?

妊娠中の便秘解消には、生活改善が一番です。

とくに運動不足になりがちな妊娠中。

激しい運動はできないので、普段の買い物は歩いていく、
暖かい日にはウォーキングを楽しむなど普段の生活の中で
できる軽い運動をするように心がけましょう。

また、マタニティーヨガなどもありますので
医師に相談して始めてみるのもよいでしょう。

妊娠中の便秘に効果のある食べ物は?

妊娠中の便秘はできるだけ薬は飲みたくない人も多いでしょう。

そこで便秘に効果のある食べ物を取り入れるようにしましょう。

例えば、玄米

便秘解消には食物繊維の豊富な食材を摂ることが大切なので
普段白米を食べている方は玄米に替えるだけで
かなり効果を実感できるようです。

またオリゴ糖やヨーグルト、オリーブオイルもオススメ。

ヨーグルトにオリゴ糖をいれて食べるなどの工夫で
毎日摂取するようにしましょう。

また、朝起きたら白湯を飲むとよいでしょう。

白湯は腸を温める効果もありますから、
体全体を温めて腸の運動も促してくれます。

このように食べ物でも便秘は解消できますので
少しずつ毎日の食生活にプラスするようにしましょう。

便秘トイレ

まとめ

便秘はふだんの生活でもかなりつらいのに
妊娠中となると薬も飲めなくて大変です。

そんな妊娠中の便秘を改善する方法は、いくつかありますので
自分に合ったものを見つけましょう。

それでも改善されない場合には、医師に相談して
処方された薬を飲むのもよいでしょう。

市販の便秘薬の中には流産の危険が高まるものも
ありますので注意が必要です。