妊娠中の気になる頭痛の原因は?治し方は?

妊娠中は、体の変化もさまざまなので
不調を感じることもあるでしょう。

そんな妊娠中に、頭痛を訴える女性も少なくありません。

けれども、普段のように鎮痛剤を飲むわけにもいきませんから
なかなか治らなくて困る方も多いでしょう。

そこで今回は気になる妊娠中の頭痛について、
その原因や治し方などをご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

妊娠中の頭痛の原因は?

妊娠中の頭痛の原因にはいくつかあります。

その一つがホルモンバランスの変化です。

妊娠中はホルモンバランスが変化して
生理前や生理中に頭痛になる人は多いですが、
妊娠中も同じようにホルモンバランスが
大きく変わる為に頭痛が起こりやすくなります。

また、運動不足や疲れ、ストレスも頭痛の原因となります。

運動不足や疲れは血行不良になり、
脳の血行が悪くなって頭痛が起こったり、
妊娠後期になるとお腹の重みで寝不足になって
疲労がたまっているため頭痛を悪化させてしまいます。

このほかに、鉄欠乏性貧血
妊娠高血圧症候群なども原因となります。

kazeyobou-90cf0f10d718ad1520b4f56a25fbf428

妊娠中の頭痛の治し方は?

妊娠中の頭痛には偏頭痛と緊張型頭痛の2種類があります。

そのどちらかによっても対処方法も違ってきます。

偏頭痛は脳の血管拡張さえることが原因で
吐き気や嘔吐、肩こりなどがあり、
緊張型頭痛は、血管収縮が原因で
後頭部から首筋にかけて頭全体が
締めつけられるような感じがあります。

偏頭痛の場合には、痛いところをぬれタオルなどで冷やし、
暗い部屋で休みましょう。

緊張型頭痛の場合には、患部を温めたり
マッサージすることで痛みが緩和されます。

妊娠中の頭痛の予防方法は?

妊娠中の頭痛を防ぐ為には、できるだけ予防をしておきたいもの。

頭痛を引き起こす原因を取り除くことで予防ができます。

もしも頭痛が起こる時に蛍光灯の強い光の下にいた、
食べすぎた後だった、パソコンを長時間していたなど、
いつも決まって同じことをしている時なら、それが原因かもしれません。

ですから原因と考えられることはできるだけ避けるようにしたり、
時間を短くするなどの対処をしましょう。

運動不足やストレスが原因と考えられる場合には、
天気の良い日に気持ちの良い場所へ散歩に出かけたり、
リラックスタイムをもつようにしましょう。

まとめ

妊娠中は初期から後期まで、さまざまなタイミングで
頭痛を訴える女性が多いようです。

その時々で原因が違ったりもしますが、
まずは規則正しい生活がいちばんです。

ストレスをためず、適度の運動をして、
リラックスして過ごす様に心がけることが大切です。