ネモフィラってどんなお花?育て方は?

可愛らしいブルーのお花が印象的なネモフィラ。

名前を聞いただけでは、どのようなお花か想像が出来ないという方も多いと思いますが
実際に見てみると、きっと見たことがある方が少なくないと思います。

そんなネモフィラを自宅でも育ててみたいと思う方にもわかりやすいように
ネモフィラについてご紹介しましょう。

ネモフィラ

ネモフィラってどんなお花?

ネモフィラは北アメリカに生息する一年草のお花です。

秋に種をまいて、春には花を咲かせます。

草丈があまり高くないのですが、
細かく枝分かれするので横方向にはよく成長します。

お花の色はスカイブルーや白、黒に近い濃い紫などがあります。

1株でもボリュームがあるので、
自宅で鉢植えやプランターなどでも楽しむことができます。

ちなみにネモフィラの花言葉は、
「可憐・清々しい心・荘厳・どこでも成功」です。

  [スポンサードリンク]

ネモフィラの育て方は?

ネモフィラの植え付けは、を購入した場合には冬の寒さが来る前に
植え付けをして十分に根を張らせておくと春からの花つきがよくなります。

用土は水はけのよい用土が適していますので
鉢植えの場合には赤玉土と腐葉土を6:4の割合で混ぜて使いましょう。

育て方のポイントですが、乾燥気味で肥料は少ない方が丈夫な株に育ちます。

枯れた花や葉をこまめに取り除いてキレイにしておくほかには
あまり手のかかることはありません。

水やりは土の表面が白く乾いてきたら与える程度で大丈夫です。
肥料も春と秋につきに1,2回程度液体肥料を与えます。

比較的簡単に美しい花を育てることができるネモフィラなら
ちょっと園芸が苦手という方でもチャレンジできそうですよ。

ブルーのネモフィラだけでなく、
白い花びらに紫色の斑点が散らばっている
スノーストームもとっても可憐で可愛らしいので、
合わせて育ててみるとより楽しめそうですね。

ひたち海浜公園ネモフィラの丘

ネモフィラのうつくしい景色が見られることで知られる
ひたち海浜公園ネモフィラの丘。

ネモフィラが美しく4月の下旬から5月の中旬には
約450万本ものネモフィラが咲き誇る姿をみることができて、
まるでお花の海のように見渡す限り真っ青です。

期間中は最寄の阿字ヶ浦駅からの無料シャトルバスも
運行されているので利用したいですね。

アメリカに旅行をした際に、わりと頻繁に見かけていたネモフィラ。

最近は日本でも育てている方が多いので、
その美しく可憐な花を観賞できるのはうれしいですね。