花粉症は肌荒れの原因になる?悪化させない方法!

花粉症の症状は人それぞれですが、みなさんはどのような症状でしょうか?

目が痒かったり鼻がムズムズしたり、くしゃみが止まらないという方が多いですよね。

ところで花粉症の季節になると、肌荒れしやすくなる方はいませんでしょうか?

実は、花粉症と肌荒れには関係があるのです!

そこで今回は花粉症が肌荒れの原因となる理由や、花粉症による肌荒れを悪化させない方法をご紹介します!

  [スポンサードリンク]

花粉症が肌荒れの原因となる理由とは?

花粉症とは体内に花粉が侵入して起こる、アレルギー現象の一種です。

人間の体は鼻水やくしゃみによって、体内から花粉を排除しようとしているのですが、実はこの現象は、肌の上でも起こっているのです。

花粉が肌に付着してしまうと、アレルギー反応が起こり肌荒れの原因となってしまうのです。

また目が痒くて擦ってしまったり、鼻をかんでばかりいると周辺の皮膚が弱くなってしまいます。

このような要因によって、花粉症の季節には肌のバリア機能が低下してしまいます。

すると肌の水分保持力が下がってしまい乾燥肌となり、肌荒れの原因へとなってしまうのです。

花粉症による肌荒れを悪化させない方法①
「ファンデーション選び」

肌の油分が多いと、花粉が付着しやすくなります。

なので油分の少ないファンデーションを選びましょう。

花粉症による肌荒れを悪化させない方法②
「家に帰ったらはすぐにメイクオフする」

洗顔画像

肌に花粉が付着したままだと、肌へのダメージが倍加し肌荒れを悪化させてしまいます。

オイルクレンジングではなく、肌への負担が少ないミルクタイプのクレンジングが良いです。

花粉症による肌荒れを悪化させない方法③
「髪の毛に付着した花粉を落す」

髪の毛にももちろん花粉は付着します。

その花粉が付着した髪の毛に肌が触れるのも、肌荒れを悪化させる原因となってしまいます。

メイクオフや洗顔はもちろんですが、出来れば帰宅後早めにシャワーを浴びるようにしましょう。

花粉症による肌荒れを悪化させない方法④
「洗顔はいつも以上に優しく行う」

sengan

花粉症により肌荒れをしている時には、いつも以上に優しく洗顔する事を心掛けましょう。

洗顔料はしっかりと泡立てて、泡で洗うイメージで洗顔して下さい。

お湯の温度も高過ぎると肌へ負担がかかるので、30~34度程度を目安にすすぎましょう。

顔に付着した花粉を落すことは大切ですが、あまり長く洗顔するのも良くありません。

洗顔の時間は、1分以内に終わらせるようにして下さい。

花粉症により肌荒れを起こしている場合は、とにかく保湿することも大切です。

なるべく保湿効果の高い化粧水を使いましょう。

刺激の少ないタイプの化粧水で、いつも以上にしっかりと保湿するように心掛けましょう!