花粉症による寒気!風邪との違いは?

花粉症の症状には、実に様々なものがあります。

一般的に多い花粉症の症状は鼻水や、目や耳の痒み、くしゃみ、肌荒れ、顔のむくみなどです。

それに加えて寒気や悪寒、微熱、倦怠感などの症状が現れる場合があります。

寒気や微熱などは、風邪の症状と似ているので厄介ですね。

そこで今回は花粉症によって微熱や寒気が出る原因や、風邪との違いについてご紹介します!

  [スポンサードリンク]

花粉症によって微熱が出る原因は?

風邪ウイルスが体内に入ってしまうと、人間の体はウイルスを排除する為に体温を上げます。

体温を上げることによって、ウイルスと闘うのです。

そしてこの現象が、花粉が体内に入ってきた場合にも起こるのです。

花粉の成分は本来は人間の体へ悪影響はないのですが、体は風邪ウイルスと同じものだと勘違いしているのです。

なので人間の体は体内に入った花粉を排除する為に、体温を上げてしまうのです。

これが花粉症で微熱が出る原因と言われています。

花粉症によって寒気が出てくる原因は?

20150304-00003656-skincare-000-1-view

花粉症によって寒気が出てくる原因は、先程お話した微熱が出ることに関係があります。

寒気が出てくるということは、体温の急激な上昇によって感じます。

寒気は体調の悪さを知らせる為に、脳が寒気を感じるように発信しているのです。

人間は寒気を感じることで、体調が変化していることに気付きます。

そして体調を整えるよう心掛けます。

花粉症によって寒気が出てくるということは、脳が、体調が変化しているというサインを送っているのです。

花粉症の症状の治し方は?

花粉症の症状を軽減させるには、やはり体内に花粉を侵入させないことです。

当たり前ですが外出の際にはマスクや眼鏡をして、出来るだけ花粉を落としてから家に入りましょう。

04

また免疫力を高めることも大切なので、しっかりと睡眠や食事を摂るようにして下さい。

微熱や寒気、花粉症と風邪の違いは?

花粉症と風邪の症状はとても似ていますよね。

微熱や寒気などの症状が出た場合、花粉症なのか風邪なのかを見極めるポイントがいくつかあります。

まず花粉症の場合の微熱や寒気は、基本的に単体で症状が出ることは少ないです。

必ずくしゃみや目の痒み、鼻水など、他の症状も一緒に現れます。

風邪は1週間程度で良くなることがほとんどですが、花粉症が原因の微熱や寒気はそれ以上続きます。

風邪と花粉症では、鼻水にも違いがあります。

花粉症の場合の鼻水はさらさらとした水っぽい鼻水で、風邪の場合の鼻水はねっとりした鼻水です。

風邪薬を飲んでも微熱や寒気が治まらない場合には、花粉症が原因と疑ってみて下さい。

花粉症なのか風邪なのかしっかりと判断したいのでしたら、なるべく早めに医師に相談して下さいね。