熱中症の症状と対策!子供はなりやすい?

子供の熱中症の症状や予防法、子供の熱中症対策についてご紹介します!

  [スポンサードリンク]

子供は熱中症になりやすい?

子供は体温を調節する機能が、大人と比べると未発達の状態です。

なので子供は上手く汗をかくことができません

また子供は全身の水分の割合が大人より高いので、
外気温の影響を受けてしまいやすいのです。

このような特徴から、子供は脱水状態や熱中症になりやすいと言われています。

子供の熱中症の症状は?

熱中症とは「熱疲労」「熱けいれん」「熱失神」「熱射病」の4種類の症状を総称したものです。

それぞれの症状には特徴があるのでご紹介します。

「熱疲労」

体内の水分や塩分不足によって脱水症状を起こし、急激な血圧の低下によって熱疲労は起こります。

熱疲労の主な症状は、頭痛やめまい、吐き気などです。

「熱けいれん」

汗をたくさんかいた後に水分補給だけして、塩分の補給を行わなかった場合に熱けいれんは起こります。

熱けいれんの主な症状は、筋肉の痛みや痙攣です。

「熱失神」

直射日光が当たる屋外や高温多湿の室内などで、長時間体を動かしていた場合に熱失神は起こります。

末梢血管が拡張することによって、血圧が急激に下がってしまいます。

熱失神の主な症状は、めまいや失神です。

「熱射病」

中枢機能が麻痺してしまい、体温調節が出来なくなった場合に熱射病は起こります。

体温が40℃以上に急上昇し、汗をかかなくなります。

熱射病の主な症状は、吐き気や頭痛、言動不審、意識消失です。

人間は体温が42℃以上になると、生命維持が困難になると言われています。

「熱射病」は死亡率が高く大変危険な状態なので、病院で緊急の手当てを受けて下さい。

子供の熱中症の予防法は?

子供を熱中症にさせない為には、いくつかの予防法があるのでご紹介します。

①こまめな水分補給をさせる。

②その日の外気温や湿度を把握して、子供に着せる服装を選ぶ。

546x428x7f547223313ea0feeb1464509231ce23-556x436.jpg.pagespeed.ic.w-ouR0zM-G

③外で遊ぶ場合には、日陰でこまめに休憩させる。

④子供のおしっこの量や、回数が正常かを把握する。

⑤車や室内にいる場合は、適度にエアコンを使い温度と湿度を下げる。

airakon_1

⑥外出する際は、ベビーカーを日なたに長時間置かない。

子供が熱中症になってしまったら?

注意していても子供が熱中症になってしまったら、すぐに対策を行って下さい。

供が熱中症になってしまった場合の、対策法をいくつかご紹介します。

①軽いめまいや頭痛などの症状がある場合は、着ている洋服を緩めて、涼しい場所に移動させます。

子供を頭を低くした状態で寝かせて、塩分が含まれている飲料水を少しずつ飲ませて下さい。

②意識がはっきりしていない場合は、涼しい場所に移動させ、塩分が含まれている飲料水を少しずつ飲ませます。

冷たいぬれタオルで子供の体を拭いたり、クーラーなどで体を冷やすようにしましょう。

この場合は危険な症状なので、準備ができ次第病院へ行って下さい。

③子供の体温が40℃を超えていたり、意識障害やけいれんの症状がみられる場合には、生命の危険がある可能性があります。

直ちに救急車を呼んで下さい。

救急車を待っている間は、冷たいぬれタオルなどで出来るだけ体を冷やしましょう。