花粉症でのどがイガイガするのはどうして?解消方法はある?

春と言えば、花粉症の季節。

花粉症といえば、鼻がむずむず、鼻水がずるずる、目がかゆいなどさまざまな症状がありますね。

そして、花粉症の時期にのどがイガイガするという方も多くいます。

この花粉症のイガイガってどうして起きるのでしょうか?

今回は気になる原因や解消方法などをご紹介しようとおもいます。

  [スポンサードリンク]

花粉症のイガイガの原因は?

風邪やインフルエンザでのどがイガイガすることはよくあります。

でも、どうして花粉症でものどがイガイガするのでしょうか?

花粉症の場合は、花粉が原因となっているので、のどや鼻に炎症が起きて、鼻水やのどのイガイガ、咳などが出るのです。

花粉症の初期症状は、風邪とよく似ているため風邪と勘違いしてしまうという方もいますので気を付けましょう。

花粉症の時期にのどのイガイガを感じて、実際に風邪か花粉症かわからない場合は、先ずは病院を受診しましょう。

花粉症ののどのイガイガ解消法は?

プリント

それでは、花粉症でのどがイガイガした場合には、どのように解消することができるのでしょうか?

風邪でなく花粉症の症状だとわかっていたら耳鼻科を受診しましょう。

花粉症で鼻が詰まっていて口呼吸をすることによって花粉が直接入ってしまい、のどに炎症が起こることでイガイガを感じてしまいます。

ですから、イガイガをかんじたらなるべく口呼吸をしない様にすることが一番です。

ですが、鼻が詰まって口呼吸しかできない場合には、マスクを着用するようにしましょう。

マスクを着用することで乾燥も防げますし、のどの保湿もできますので効果的です。

花粉症の喉のイガイガ対策・予防法は?

では、花粉症だとわかっている方はどのようにイガイガを予防すればよいのでしょうか?

イガイガを感じてしまうのは、のどが乾燥して刺激を受けてしまうから。

そのため、加湿を念入りに行いましょう。

自宅では部屋を乾燥させない様に加湿器を活用しましょう。

加湿器は雑菌を防ぐため超音波式加湿器よりも加熱式加湿器がオススメです。

また、加湿器がない部屋などは洗濯物を干したりしてすこしでも加湿するように心がけましょう。

最近は「ぬれマスク」が販売されていますので、外出の際などは活用すると良いでしょう。

まとめ

花粉症の症状もひとそれぞれ。

症状が軽い人もいれば、重い人もいます。

なかでものどのイガイガは風邪のような症状でなかなか治らないもの。

でも、しっかり予防することで避けることもできますので、加湿など普段から心がけるようにしましょう。