花粉症で熱がでたらどうやって治すの?関節痛などもある?

花粉症と言えば、鼻水や目のかゆみといった症状が一般的です。

けれども、中にはのどのイガイガや熱といった風邪に似た症状を感じる方も少なくありません。

でも、どうして花粉症なのに熱が出てしまうのでしょうか?

今回は、花粉症で熱が出た時の治し方や関節痛などについてご紹介しようとおもいます。

  [スポンサードリンク]

花粉症による熱の原因は?

風邪ではなく、花粉症でどうして熱がでるのか気になりますよね。

花粉症による熱の原因として考えられるのは、アレルギー物質が身体の中に入ってくることで体が異物が入ってくると感じて体を守ろうとする作用があるからです。

体が熱を出しているのは、異物と闘おうとしている反応なのです。

もちろん、風邪とは違いますから熱はでても37度前後といったところ。

そんな花粉症による熱は高熱は出ないけれど微熱が長く続くことも特徴といえます。

ですから、花粉症の時期であっても高熱がでるようなら花粉症ではない可能性もありますので病院で見てもらいましょう。

花粉症による熱を治すには?

3111d7290768fe61742d407d8e4de9b1

花粉症による熱の場合、まずは風邪やインフルエンザを併発していないかのチェックが必要です。

たとえば、鼻水ですが花粉症の場合はさらっとした水のような透明の鼻水ですが、風邪やインフルエンザの場合にはどろっとした黄色っぽい鼻水です。

また、熱は花粉症の場合、37度前後の微熱程度ですが、38度以上あるような高熱の場合には風邪かインフルエンザの可能性が高いと思っていいでしょう。

もしも、風邪やインフルエンザを併発していそうなら病院を受診することをオススメします。

花粉症だけの場合には、耳鼻科を受診しましょう。

熱があってだるい場合には、解熱剤を飲んでも構いませんが、花粉症の薬と一緒に飲むとカフェインが重なるので薬剤師と相談してから飲むようにしましょう。

花粉症による関節痛もあるの?

花粉症の時期に関節痛を感じるけれど、これも花粉症のせい?

そう実際に関節痛とアレルギーはなにも関係がないような気がしますが実は関節痛になるという人もよくいます。

これは花粉症で異物が身体の中に入るのを防御する為に体温をあげていることから、血流が促されて関節が痛むと言われています。

熱がでるのと同じ原因ですね。

そんなときは、体を充分に休ませることが一番大切です。

まとめ

花粉症によって発熱や関節痛が有る方もいますが、実際には風邪やインフルエンザを併発している可能性もあるのでまずは、お医者さんに相談するのがいちばんでしょう。

そして、適切な対処法を教えてもらって早く治したいですね。