飛鳥山公園のあじさい見頃は?おすすめ周辺スポットは?

春の桜のシーズンは、あっという間に終わってしまいますね。

そして、つぎに楽しみなのはあじさい。

あじさいの開花を楽しみにしているという方も多いでしょう。

あじさいの名所も日本全国にあるけれど、
なかでも飛鳥山公園のあじさいは、有名ですね。

そこで今回は飛鳥山公園のあじさいの開花予想や
見ごろについて、ご紹介しようとおもいます。

  [スポンサードリンク]

飛鳥山公園のあじさいとは?

飛鳥山公園は、約280年前に徳川吉宗が享保の改革の一環で、
行楽の地を江戸っ子たちに与えるために整備され、
江戸の庶民に解放されたのがはじまり。

江戸のお花見の名所となって、桜の名所として知られています。

そんな飛鳥山公園は、桜のほかにもあじさいが約1300株、
ツツジが約1万5000株植えられています。

あじさいが見られるのは、飛鳥山の北側で
急な崖の下にあじさいが群生しています。

src_22121079
出典:http://4travel.jp/

あじさいの小径と名付けられた道は、
せまいところは人がすれ違うのがやっとという幅ですが、
飛鳥山とあじさいの両方を楽しめるところとなっています。

アクセスは、JR京浜東北線王子駅下車、徒歩数分。

飛鳥山公園のあじさいの見ごろは?

そんな飛鳥山公園のあじさいの見ごろは、
毎年6月頃となっています。

この時期は、梅雨時期ともなるので、
雨露にぬれるあじさいも美しいです。

晴れた日は太陽の光をさんさんと浴びたあじさいを、
雨の日でも紫陽花らしい姿を見られるので、
ぜひ、あじさいのシーズンをたっぷり堪能したいですね。

飛鳥山公園の周辺おすすめスポットは?

それでは、飛鳥山公園であじさいを鑑賞した後は、
周辺スポットまで足を延ばしてみましょう。

まずは、人気のとげぬき地蔵

曹洞宗の寺院でとげぬき地蔵は、境内に立つ洗い観音が
病気平癒祈願で信仰が厚いことでも知られています。

また、六義園は徳川吉宗の側用人だった柳沢吉保が自らの下屋敷として
造営した大名庭園で、モミジの名所としても有名です。

そして、お子さんがいる場合には、あらかわ遊園もおすすめ。

ボニーの乗馬サービスやヤギやヒツジ、ウサギなどとも
触れ合える遊園地となっています。

まとめ

桜が終わってから楽しめるあじさい。

そんなあじさいの名所としても知られる飛鳥山公園。

美しいお花を愉しめて、周辺にも有名スポットがありますので
一日楽しめそうですね。

ことしのあじさいのシーズンは、ぜひ飛鳥山公園を
散策してみてはいかがでしょうか?