本土寺のあじさいの見ごろはいつ?おすすめは?

日本の6月といえば、梅雨シーズンなので
ちょっと憂鬱という方も多いのではないでしょうか?

でも、イヤな事ばかりではありませんよね。

この時期には、紫陽花が満開になります。

桜と並んで、紫陽花も人気ですね。

日本全国、紫陽花の名所はいろいろありますが、
そのなかで今回は千葉県の松戸市にある
本土寺についてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

本土寺とは?

本土寺は、千葉県松戸市にある日蓮宗の本山です。

境内には茶室が整備されていて、1000本のカエデや5000株の花ショウブ、
10000株のあじさいが植えられているので、あじさい寺としても
親しまれています。

アクセスは、JR東日本常磐線北小金駅から徒歩10分程。

開門時間は、朝の8時から夕方の5時まで。

拝観料は、大人500円、こども300円となっています。

本土寺のあじさいの見ごろはいつ頃?

では、本土寺であじさいを楽しめるのはいつ頃でしょうか?

6月下旬になるとあじさいと花ショウブの花が咲き誇ります。

この時期は、多くの拝観者でにぎわいます。

寺参道には、蕎麦屋、土産物屋などもありますので、
のんびりと散策しながら、お腹もみたせるし、
紫陽花も楽しめるということで、
この時期は大変多くの人でにぎわいます。

あじさい寺

本土寺周辺のおすすめスポットは?

それでは、本土寺であじさいを楽しんだ後は、
周辺の観光スポットへも足を運んでみましょう。

まずは、松戸市立博物館

松戸3万年の歴史を見ることができる博物館で、
野外展示では縄文時代の住居をみることもできます。

歴史や松戸について、もっと知りたい方にお勧め。

そして、お子さんがいる方には、
21世紀の森と広場がおすすめ。

つどいの広場や松と風の広場、みどりの里、
水とこかげの広場などがあり
ひろい公園内を散歩したり、レジャーシートを広げて
お弁当を食べたりするにもおすすめです。

本土寺周辺での宿泊を考えているなら、
松戸シティホテルがおすすめ。

松戸駅西口から徒歩7分と便利で、
ゆったりとした時間が過ごせそうです。

まとめ

千葉県にも紫陽花を楽しめる名所はたくさんありますね。

なかでも本土寺はあじさい寺
と呼ばれるほど人気となっています。

同じ時期に見頃を迎える花ショウブと
一緒に楽しめるのもいいですね。

東京からもほど近いので、ぜひ今年のあじさいは
本土寺で楽しんでみてはいかがでしょうか?