豊島園(としまえん)のあじさい。見頃はいつごろ?

6月と言えば、梅雨時期なので
なんだか気持ちがパッとしない。

でも、ひとつ素敵なことがあるといえば、
あじさいが美しく咲くこと。

都内でもたくさんのあじさいの鑑賞スポットがありますが、
なかでも豊島園(としまえん)の あじさい祭りは有名です。

そこで今回は、豊島園(としまえん)の
あじさいについてご紹介しましょう。

  [スポンサードリンク]

豊島園(としまえん)とは?

としまえんは、西武豊島線豊島園駅の北西に隣接していて
室町時代に築城された練馬城の城址を中心に造園されました。

首都圏有数の規模を誇る遊園地である豊島園(としまえん)。

春はソメイヨシノ、初夏は
あじさいの名所としても知られています。

アクセスは、西武豊島園豊島園駅下車徒歩1分。

そんな豊島園(としまえん)では、
あじさい祭りも開催されます。

場所は、としまえんの北側エリアあじさい園。

豊島園の入園料が必要になります。

としまえんのあじさいの見どころは?

としまえんの北側エリアにあるあじさい園には、
約150種、10000株のあじさいが植えられています。

ピークには彩豊かなあじさいに、多くの方々も楽しみます。

とくに毎年行われる、あじさい園のスタッフが解説してくれる
あじさいガイドツアーや、専門家や育種家の先生による
あじさい講座などあじさいをもっと深く知って、
楽しめるイベントもたくさんあります。

ほかに、あじさいライブがあったり、園内をあじさい号が走ったり、
子どもから大人まで楽しめるようになっています。

1371445036_b
出典:練馬経済新聞

としまえんの周辺おすすめスポットは?

としまえんのあじさいを楽しんだあとは、
周辺スポットに足を延ばしてみてもいいでしょう。

緑豊かな日本庭園にかこまれた静かな時間を過ごせる
温泉施設「豊島園庭の湯」がおすすめ。

疲れた体を癒すためにもぜひ行ってみたいですね。

また、「ちひろ美術館」もおすすめ。

絵本画家のいわさきちひろが亡くなるまでの
22年間を過ごしたアトリエ兼自宅跡につくられた美術館で、
水彩画やパステル画などいわさきちひろの索引と、
世界の絵本画家の作品を見ることができます。

宿泊は、ホテルメトロポリタンがおすすめ。

池袋駅西口から徒歩3分という
絶好のロケーションとなっています。

まとめ

としまえんといえば、遊園地やプールのイメージが強いですが
桜やあじさいの名所としても有名です。

豊島園なら、こどもも遊園地で楽しむことができるし、
大人は美しいあじさいを堪能することができます。

今年は、ぜひ、豊島園(としまえん)のあじさい祭りに
行ってみてはいかがでしょうか?