明月院のあじさいについて。見頃はいつ頃?見どころは?おすすめの周辺スポットは?

鎌倉と言えば、観光や修学旅行で
訪れたことがある方も多いでしょう。

鎌倉は、四季折々の自然を楽しめる場所でもあります。

とくに6月はあじさいの季節ということで、鎌倉の各所で
みごとな紫陽花を見ることができます。

そのひとつが、明月院です。

今回は明月院のあじさいについて、
見頃や見どころなどを
ご紹介しようとおもいます。

  [スポンサードリンク]

明月院とは?

明月院は、神奈川県鎌倉市にある臨済宗建長寺派の寺院です。

現在では、あじさい寺としても有名で、
あじさいのシーズンには大変な混雑となります。

アクセスは、JR横須賀線北鎌倉駅下車徒歩10分ほど。

明月院のあじさいの見ごろや見どころは?

鎌倉明月院のあじさいの見ごろは、
例年だと6月中旬から7月中旬です。

境内に2500株ものあじさいが一斉に咲き誇っていて
毎年のように足を運ぶ方も多くいるようです。

明月院の紫陽花の種類は姫アジサイというもので
古来から日本にある品種です。

見どころは、この時期ならではの景色。

梅雨時期なので雨が多いので、
雨粒を花弁に蓄えたきらっと光るあじさいがとってもキレイ。

梅雨時期のどんよりとした空に、鮮やかなブルーのあじさいが
気持ちをきりっとしてくれるような風景です。

2FB5F7E7ECB140BD812DD60A2CF73820_LL
出典:http://guide.travel.co.jp/

明月院周辺のおすすめスポットは?

せっかく明月院のあじさいを愉しんだら、
周辺スポットにも足を延ばしてみましょう。

先ずは、散策でつかれた体を
休ませる茶寮風花がおすすめ。

緑に囲まれたおちついた雰囲気のお店で、
名物のうさぎまんじゅうを食べましょう。

ほかほかのせいろで出される可愛い御饅頭にほっとします。

そして、北鎌倉葉祥明美術館もおすすめ。

明月院に向かう途中の建物で、画家で詩人、
そして絵本作家でもある
葉祥明氏の個人美術館となっています。

やさしいパステルトーンの作品に
気持ちも穏やかになりそうです。

宿泊は、B.B.Houseがおすすめ。

長谷にあるB&Bスタイルのペンションで、
長谷駅までも5分という便利な場所にあるので、
鎌倉観光の拠点にオススメです。

まとめ

鎌倉は、さまざなな観光スポットが点在しているので
1日では回りきれないほど。

のんびりとあじさいを鑑賞したいなら
もう1泊もいいですね。

今回ご紹介した明月院周辺にも
美味しいレストランなどがたくさんありますので、
ぜひ、お気に入りをみつけてみてください。

北鎌倉から鎌倉にかけては、紫陽花の名所がたくさんありますので、
ゆっくりと自分なりのコースで回ってみるのもよいですね。