結婚指輪と婚約指輪の重ね付け!メリットとデメリットは?

最近は結婚指輪と婚約指輪の重ね付けをすることを考えて、
それぞれの指輪を購入するカップルが多いようです。

結婚指輪と婚約指輪の重ね付けのメリットやデメリットなど、
結婚指輪と婚約指輪の重ね付けについてご紹介します!

  [スポンサードリンク]

結婚指輪と婚約指輪の重ね付けとは?

昔は婚約指輪は高価な宝石が付いている指輪なので、
日常生活では付けないという考え方が一般的でした。

なので結婚指輪は日常的に付けていても、
婚約指輪は何か特別な日のみ付ける女性が多かったのです。

しかし最近では婚約指輪を結婚指輪と重ね付けすることで、
日常的にも楽しみたいという意見が増えてきたようです。

日本の考え方と違いもともと海外では、
婚約指輪と結婚指輪を重ね付けする習慣があったようです。

その習慣が日本にも浸透してきたのかもしれませんね。

結婚指輪と婚約指輪の重ね付けのメリットは?

rg2237_006

結婚指輪と婚約指輪を重ね付けすることには、
いくつかのメリットがあるのでご紹介します。

結婚指輪は日常生活で支障が出ないように、
シンプルなデザインを選んでいるカップルが多いです。

そこに婚約指輪を重ね付けすることにより手元が華やかになり、
おしゃれを楽しむことが出来るようになります。

婚約指輪と結婚指輪を同じお店で同時に購入すると、
見た目に統一感が出るのでオススメです。

また婚約指輪と結婚指輪を同じお店で同時に購入すると、
割引などのサービスを受けられる場合もあるようです!

婚約指輪はとても大切な記念の証ですが、
ずっとしまっておくのはもったいない気もしますよね。

婚約指輪は大事にしまい過ぎないで結婚指輪と重ね付けし、
日常的に楽しむようにするのも良いですね。

結婚指輪と婚約指輪の重ね付けのデメリットは?

結婚指輪と婚約指輪を重ね付けすることには、
いくつかのデメリットもあるのでご紹介します。

まずは結婚指輪と婚約指輪を重ね付けする場合は、
それぞれの指輪のサイズ選びが少しだけ難しくなります。

20111222144722_img1_24

重ね付けすることを前提に指輪を購入すると、
下に付ける結婚指輪のサイズが大きくなってしまうのです。

なのでもし結婚指輪と婚約指輪を別々に付けことなると、
どうしても結婚指輪が大きくなってしまいます。

すると結婚指輪を紛失してしまう可能性が高くなりますので、
細心の注意が必要となってしまうのです。

結婚指輪と婚約指輪を重ね付けせずに、
どちらか一方だけを付けた場合のことも想定して
サイズ選びをするようにしましょう。

また結婚指輪と婚約指輪のそれぞれの指輪同士がぶつかるので、
指輪に傷が付きやすくもなってしまいます。

結婚指輪と婚約指輪を重ね付けする場合は、
婚約指輪と結婚指輪のデザインや形などを考慮しましょう。

そして結婚指輪と婚約指輪を重ね付けする際には、
見た目のバランスも大切です。

婚約指輪だけかなり豪華なデザインだと、
ちょっと浮いた印象になってしまいます。

このように結婚指輪と婚約指輪を重ね付けする場合には、
いくつか配慮しなければならないというデメリットがあります。

結婚指輪と婚約指輪を重ね付けする場合は、
重ね付けをする順番があります。

結婚指輪が指の付け根側にくるようにします。

結婚指輪と婚約指輪を重ね付けするのかは、
お2人でしっかりと相談して決めて下さいね。