指の皮がむける原因!症状と対策は?

指の皮がむけるという症状が出る場合には、いくつかの原因があります。

指の皮がむける原因と、その症状や対策についてご紹介します!

  [スポンサードリンク]

指の皮がむける原因①「水虫」

指の皮がむける原因の1つめは、白癬菌(はくせんきん)が増殖することによって水虫になってしまうことです。

白癬菌は温度が高く湿度が高いな場所を好みます。

なので水虫によって指の皮がむける症状が出るのは、蒸れやすい足に発症することが多いのです。

水虫には3種類があります。

趾間型”は基本的に指と指の間にでき、皮がふやけてただれたり、指の皮がむけることもあります。

小水疱型”は基本的に小さな水ぶくれが出来て、その箇所が赤くなります。

角質増殖型”は基本的に指の皮膚が固くなり、ひび割れしたり、指の皮がむけることもあります。

水虫は種類によって多少症状が違います。

指の皮がむけることもありますし、またかゆみを伴う場合が多いです。

指の皮がむける原因②「汗」

12731

手の平や足の裏に汗を大量にかいてしまう多汗症の人は、湿疹が出来て指の皮がむけることがあります。

手掌多汗症の場合は手汗治療が必要です。

見た目は水虫とほとんど変わりませんが、汗疱(かんぽう)という症状で人に感染することはありません。

いわゆる“あせも”の一種のようなものです。

指の皮がむける原因の1つですが、軽い症状であれば自然に治ることが多いです。

症状が悪化してしまうと、湿疹が出てくる可能性もあります。

水虫なのか汗疱なのかは素人判断は難しいので、当てはまる症状の方は皮膚科で診てもらいましょう。

指の皮がむける原因③「自律神経の乱れ」

季節の変わり目だけ指の皮がむけるという場合は、自律神経の乱れが原因であることが多いです。

季節の変わり目は気温の上下が激しいので、自律神経にもとても負担がかかってしまいます。

そして自律神経のバランスが乱れてしまうんです。

自律神経が乱れると体調を崩すこともありますが、肌へも影響を与えるので指の皮がむけることもあるのです。

また自律神経の乱れは季節の変わり目だけでなく、ストレスや睡眠不足の影響もあります。

なのでストレス解消を心掛けたり、
良質な睡眠をしっかりととるようにしましょう。

自律神経の乱れによって指の皮がむける場合は、ハンドクリームでしっかりと保湿して下さい。

fc3b1fb6c4a8a685bc791ae90206140e

また食事のバランスにも気を付けましょう。

指の皮がむける原因④「乾燥」

冬などの乾燥している季節や、水仕事をよくすることが原因で指の皮がむける場合もあります。

乾燥している季節や水仕事をよくすると、肌表面の油分が失われてしまいます。

すると肌のバリア機能が損なわれてしまい、皮膚が敏感になり、指の皮がむけることもあるのです。

乾燥が原因で指の皮がむける場合は、とにかく保湿することが大切です。

ハンドクリームをこまめに塗るように心掛けましょう。

指の皮がむける原因についていくつかご紹介しましたが、当てはまる原因はありましたでしょうか?

汗や乾燥が原因で指の皮がむけるだけでしたら、しっかりケアしてあげれば自然と治っていきます。

しかしかゆみを伴ったり他にも症状が出る場合には、きちんと皮膚科で診てもらいようにして下さいね。