マスクケースの簡単な作り方!布&クリアファイル編

花粉が多く飛んでいる季節や乾燥する時期、風邪対策などにはマスクは欠かせないですよね。

外出する際や旅行の時には、マスクを予備で持ち歩きたいことありませんか?

そこで便利なのがマスクケースです!

マスクケースは市販品でも可愛いものが売っていますが、作り方は意外と簡単なので手作りしてみてはいかがでしょうか?

今回はソフトタイプのマスクケースと、縫わずに簡単に出来るクリアファイルを使ったマスクケースの作り方をご紹介します!

e0266341_223130100
出典:http://citronshop.exblog.jp/

マスクケースの作り方
~布で作るソフトタイプ編~

材料

用意するものは、お好きな柄の生地15cmX89cm、定規、ミシン、アイロン、ワッペン(お好みで)です。

作り方

①15cmX89cmに生地をカットしたら、中表にして端っこから23cmで折ってアイロンをかけます。

②折った部分を一度開きます。

先程アイロンで線を付けたラインに定規を置いて、そこから12cmの部分を折ります。

③アイロンで線を付けたラインの部分にまた定規を置いて、今度は9cmの部分を折ります。

④左サイドの余った生地の端っこかを、右サイドの生地に合わせて畳みます。

⑤返し口を5cmほ程度空けて、縫いしろ約1cmで周囲を縫って下さい。

右端の角の部分は丸くします。

⑤空けておいた返し口から返して、全体にアイロンをかけます。

⑥マスクケースのフタになる部分の、端から約1ミリの所を縫っていきます。

⑦お好みでワッペンなどの飾りを縫い付けたら、布で作るソフトマスクケースの完成です!

マスクケースの中にむき出しのマスクを入れるのに抵抗がある場合は、マスクをお弁当用の抗菌シート等で包んでから入れて下さい。

さらにジップロックなどで密封すると、衛生的にマスクケースを使うことが出来ます。

  [スポンサードリンク]

マスクケースの作り方
~縫わずに簡単クリアファイル編~

材料

用意するものは、A4サイズのクリアファイル、ハサミ、ポーチ22cm×11cm程度です。

作り方

①ポーチは大まかなサイズなので、22cm×11cmより大きくても大丈夫です。

子供用のマスクケースにする場合は、これよりも小さいサイズのポーチにして下さい。

②A4サイズのクリアファイルをハサミで、タテに3等分にカットします。

③カットしたクリアファイルの横の余分な部分を、一辺は残したままで切り落とします。

④用意したポーチに③をお好きな枚数入れたら、縫わずに簡単クリアファイルマスクケースの完成です!

布でマスクケースを縫うのが面倒な方は、既製品で代用してしまうと楽チンです。

100円ショップなどでも、マスクケースにちょうど良いサイズのポーチは売っています。

マスクがバッグの中で折れてしまった経験のある方は、クリアファイルを使ったマスクケースはとてもオススメです!

お気に入りになるようなマスクケースを作って下さいね。