シャンプーのシリコンって何?メリット&デメリットは?

最近よくノンシリコンシャンプーという言葉を聞きますが、そもそもシリコンとはどんな成分なのでしょうか?

そんな気になるシリコンについてや、シリコンシャンプーのメリットやデメリットについてご紹介したいと思います!

  [スポンサードリンク]

そもそもシリコンってなに?

シリコン(正式な表記名はシリコーン)とは、酸素、ケイ素、有機基からできている有機化合物です。

シリコンは熱や光に対して強い性質で、また柔軟性や通気性も高いという特徴のある物質です。

最近はノンシリコンシャンプーも増えてきましたが、従来のシャンプーにはこのシリコンがほとんど入っていました。

シリコンはシャンプーだけでなく、化粧品などにも入っています。

しかしその場合には成分表示欄には、シリコンとは表記されておりません。

~メチコン”や“~キサン”と表記されているものが、化粧品などの場合はシリコンになります。

シリコンシャンプーのメリットは?

シリコンシャンプーにはいくつかメリットがありますので、ご紹介していきたいと思います。

シリコンシャンプーは髪のキューティクルに付着し、コーティングする作用があります。

img_0

なのでシャンプーをしている際に髪のキューティクルが壊れるのを防いでくれます。

髪同士の摩擦を減らすことが出来るので、摩擦による髪のダメージを軽減することが可能です。

シリコンは熱に強い性質を持っているので、ドライヤーの熱から髪を守ってくれる効果もあります。

よってシリコンシャンプーは、髪の艶を維持したり、髪の手触りを良くする効果があるのです。

またシリコンシャンプーを使うと、広がりやすい髪をしっとりとまとめてくれます。

シリコンシャンプーのデメリットは?

シリコンシャンプーにはいくつかデメリットもありますので、ご紹介していきたいと思います。

シリコンシャンプーは髪の表面をコーティングするので、ヘアケア成分などが髪の中まで浸透しづらくなってしまいます。

damage-13
出典:http://www.ivanka.co.jp/

シリコンシャンプーは表面的には輝きを出してくれますが、髪の毛を中から補修したりすることは出来ないのです。

またシリコンシャンプーが頭皮に付着してしまうと、毛根や毛穴が詰まってしまう原因ともなってしまいます。

シリコンシャンプーを使っていると、パーマやカラーがかかりにくいとも言われています。

シャンプーは髪の汚れを落とすのが、最大の目的ですよね。

髪をシリコンシャンプーでコーティングしてしまったら頭皮や髪には良くないということで、最近はノンシリコンシャンプーが注目されてきているのです。

しかしノンシリコンシャンプーだと、髪の表面の軋みが気になるという方もいるかと思います。

シャンプーのおすすめ、美容についてはこちらでまとめています。

シリコンのメリットデメリットを知った上で、ご自身に合ったシャンプー選びをして下さいね!