シャンプー!ノンシリコンのメリット&デメリットは?

最近よく目にするノンシリコンシャンプーですが、どのような効果があるのでしょうか?

今回はノンシリコンシャンプーのメリットやデメリット、ノンシリコンシャンプーを選ぶ際の注意点などをご紹介します!

  [スポンサードリンク]

ノンシリコンシャンプーの見極め方は?

ノンシリコンシャンプーの場合は、基本的には“ノンシリコン”と謳って販売されていますよね。

もしお使いのシャンプーがノンシリコンか分からない場合は、表示成分を確認してみて下さい。

18237de74dce7d749405e74fe96f7b5e_a5f7c9ebed08a7451235a1bd18d7dfb7

シリコン入りのシャンプーの場合には、以下のような記載がされています。

ポリシリコーンセチルジメチコンシリコンポリエーテル変性シリコン、などです。

ノンシリコンシャンプーのメリットは?

ノンシリコンシャンプーにはいくつかメリットがありますので、ご紹介していきたいと思います。

まずノンシリコンシャンプーの最大のメリットは、頭皮の汚れをしっかりと落とせるということです。

そしてノンシリコンシャンプーは頭皮に優しく、毛穴が詰まらないので髪がふっくらとなります。

ノンシリコンシャンプーを使って髪を洗うと、洗い上がりも爽やかで軽やかになります。

またノンシリコンシャンプーは汚れをしっかりと落とせるので、トリートメント成分が浸透しやすくなります。

頭皮にトラブルを抱えやすい方や、髪がペタンとなりやすい方には良いことだらけですね。

ノンシリコンシャンプーのデメリットは?

ノンシリコンシャンプーにはいくつかデメリットもありますので、ご紹介していきたいと思います。

シリコンは髪表面をコーティングする効果があるので、洗った後の髪の表面には艶が出ます。

しかしノンシリコンシャンプーの場合にはそのような効果はありませんので、洗った後の髪が軋む可能性が高くなります。

またノンシリコンシャンプーには、泡立ちにくいというデメリットもあります。

no-poo

ノンシリコンシャンプーを選ぶ際の注意点は?

最近は各メーカーから、ノンシリコンシャンプーがたくさん発売されていますよね。

しかしノンシリコンシャンプーと謳っていても、シリコンと同じような機能を果たす化学物質が入っているシャンプーもありますので注意が必要です!

その代表的な成分例をご紹介したいと思います。

メチコン”の成分例は、ジメチコン、シクロメチコン、アミノプロピルジメチコンなどです。

シロキサン”の成分例は、メチルフェニルポリシロキサン、シクロペンタシロキサン、シクロテトラシロキサンなどです。

シリル”の成分例は、ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ、ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲンなどです。

シラン”の成分例は、シスチンピスPGプロピルシラントリオールなどです。

シャンプーのおすすめと美容についてはこちらをご参考ください。

お使いのシャンプーがノンシリコンシャンプーだったとしても、シリコンと同じような成分が入っていては意味がないですよね。

シャンプーを購入する際には、きちんと表示成分を確認して下さいね!