マンションの騒音トラブルの対処法をご紹介!

マンションのなどの集合住宅では、
騒音トラブルはなかなか避けることが出来ませんよね。

今回はそんなマンションでの騒音トラブルの、
対処法についてご紹介したいと思います!

  [スポンサードリンク]

マンションの騒音トラブルでやってはいけない対処法は?

近隣の部屋の騒音が酷いからといって、
こちら側からも大きな音をたてたりすることはやめましょう。

逆に相手側から訴えられてしまう可能性もあります。

また一人で直接相手に苦情を言いに行ったり、
手紙で苦情を伝えるのも避けた方が良いでしょう。

マンションの騒音トラブルは、一人で対処すると
更なるトラブルの元になる可能性が高いです。

storytelling

マンションの騒音トラブルの対処法は?

マンションの騒音トラブルの対処法は、
ずばり大家さんか管理会社に伝えることです。

マンションの騒音問題は長引く場合もあります。

のちのち問題が大きくなった場合でも
事件の経過を大家さんや管理会社が分かっていると、
余計な誤解を受けずに済みます。

また、自分自身でもある程度の防音対策はしておきましょう。

大家さんや管理会社へ騒音被害を伝えるポイントは?

ただ「単に上の部屋の騒音がうるさい!」ではなく、
きちんと騒音被害状況をまとめて
大家さんや管理会社へ騒音被害を伝えることが大切です。

騒音被害状況とは、
騒音の発生時間や音の種類、騒音がどれくらい続くのか
そのようなことをメモにしてまとめておきましょう。

そして大家さんや管理会社へ騒音被害を伝える際には、
いつどのように対処をしてくれるのかも確認して下さい。

マンションのような集合住宅では、
ある程度の生活騒音は仕方ない」と
考えている大家さんや管理会社も少なくありません。

なので大家さんや管理会社によっては騒音被害を伝えても、
何も対応してくれない場合もないとは言い切れません。

また騒音被害を一番正確に大家さんや管理会社に伝えるには、
実際にあなたの部屋で騒音を聞いてもらうことです。

大家さんや管理会社に相談しても騒音が止まない場合は?

大家さんや管理会社からの注意喚起があっても
一向に騒音被害が止まない場合は、
警察に相談することをオススメします。

いきなり110番をするのではなく、
自宅の近くにある交番や派出所へ行って相談して下さい。

san02

警官の注意を無視し騒音を出し続けた場合には、
軽犯罪法に触れることになるのです。

なので騒音行為を改めてくれる可能性は高くなります。

警察に相談しても騒音が止まない場合は?

警察に相談しても騒音が止まない場合は、
弁護士に相談するしかありません。

騒音による被害を裁判できちんと証明出来たら、
騒音を出すことを禁止させることが出来ます。

また騒音による不眠や、
騒音被害でストレスを感じ病気などになった場合には、
損害賠償を請求することも可能です。

騒音が原因で近隣トラブルになるケースは多いので、
対処する際には慎重に行動することが大切です。

しかし騒音に対して、
神経質になり過ぎるのもよくありません。

マンションなどの集合住宅に住む際は、
ある程度の生活音は許容するという気持ちも大切です。