骨盤ベルト!帝王切開後は必要?どんなものが良い?

帝王切開で出産した場合にも骨盤はゆるんでいるので、
骨盤の矯正をすることは大切です。

しかし帝王切開後に骨盤ベルトは使えるのでしょうか?

帝王切開後に使える骨盤ベルトや、
帝王切開後に骨盤ベルト以外で矯正する方法をご紹介します!

  [スポンサードリンク]

帝王切開後に骨盤ベルトは使えるの?

普通分娩で子供を産んだ方も帝王切開をした方も、
同じように骨盤はゆるんでいます。

赤ちゃんは産れる直前まで産道を通りぬけようと、
下へ降りて行こうとしているのです。

ですので骨盤のゆるみは出産の方法と関係ないので、
帝王切開後の方も骨盤の矯正は大切なのです。

しかし帝王切開後の方が一番気になるのは、
やはり傷口の痛みですよね。

普通分娩とは違い帝王切開は、
出産後に強い痛みがあることが多いです。

なので帝王切開後は、すぐに骨盤ベルトを
する事が困難な場合も多いと思います。

骨盤矯正をするには骨盤ベルトが最も効果的なのですが、
傷口に骨盤ベルトが当たってしまうと痛みます。

帝王切開後に骨盤ベルトを使うには、
痛みが治まるまで使うのは避けた方が良いでしょう。

帝王切開後に使える骨盤ベルトはある?

帝王切開後には痛みがあるので、
普通の骨盤ベルトが使えない方が多いです。

そこでオススメなのが、“メッシュ腹帯”です。

photo_mesh_fukutai6_b

普通の骨盤ベルトとは違い、
メッシュ生地で心地よい伸縮性があるのが特徴です。

なので普通の骨盤ベルトのような締め付けが無く、
きちんと巻けば傷口の痛みを感じることはありません。

メッシュ腹帯を付けると最初はゆるい感じがしますが、
徐々にですが骨盤が支えられてきます。

帝王切開での出産が前もって決まっている場合は、
出産前から巻く練習をしておくことをオススメします。

帝王切開後に骨盤ベルト以外で矯正法はある?

先程ご紹介したように、帝王切開後に
すぐ骨盤ベルトを使うのは困難な場合が多いです。

しかし骨盤矯正は、
産後もなるべく早く始めたいところです。

そこでオススメなのが、
普通の下着よりも締め付けが強い“骨盤矯正下着”です。

img63157814

骨盤矯正下着でしたら、
傷口に痛みを与えることもありません。

骨盤ベルトを使えるようになるまでは、
骨盤矯正下着は骨盤を矯正してくれる強い味方です!

骨盤ベルトのおすすめや知っておきたいことはこちらを御覧ください。

また骨盤矯正下着を選ぶポイントなのですが、
ワンサイズ大きめを選ぶようにして下さい。

小さめのサイズの骨盤矯正下着だと、
血流が悪くなる原因となってしまいます。

そしてリンパに老廃物が溜まってしまうので、
セルライトが出来る可能性も高くなってしまいます。

帝王切開後は傷みがあるので無理はせずに、
少しずつストレッチを始めることも大切です。

傷口の治癒には時間がかかるので、
主治医に相談しながら骨盤矯正を始めて下さいね。