口唇ヘルペスの原因や症状!治療方法は?

口唇ヘルペスの原因や症状、治療方法、口唇ヘルペスの可能性チェックについてご紹介します!

  [スポンサードリンク]

口唇ヘルペスってどんな病気?

日本人の場合は10人に1人が、口唇ヘルペスになったことがあると言われています。

口唇ヘルペスの症状は、口唇の周辺に赤い水ぶくれができてしまいます。

しかし口唇ヘルペスの症状が軽度の場合には、自分が感染していることに気づいていない場合もあるようです。

口唇ヘルペスの原因は?

口唇ヘルペスは、ヘルペスウイルスが原因で発症する病気です。

ヘルペスウイルスは一度感染してしまうと、人間の神経細胞の中でずっとひっそりと潜んでいます。

ですがヘルペスウイルスが潜伏しているだけの間は、症状となって出てくることはありません。

体の免疫力が下がった時などに、ヘルペスウイルスは活発になり症状として現れるのです。

また口唇ヘルペスは人にも感染するので、症状が出ている時は人との接触にも注意が必要です。

herupesu2

口唇ヘルペスの詳しい症状は?

口唇ヘルペスの症状には、いくつかの段階があります。

口唇ヘルペスの初期段階ですと、口唇がヒリヒリしたりムズムズしたり、痒みや火照ったりといった症状が出ます。

この段階では口唇ヘルペスだと、見た目では分からない場合も多いです。

口唇ヘルペスの再発を繰り返している人の場合は、この段階で気付く場合は多いようです。

口唇ヘルペスは次の段階になると、先程のような口唇の違和感の他にも、赤く腫れてくるので見た目でも分かるようになります。

この段階はヘルペスウイルスの増殖が活発な時期なので、早めに治療することをオススメします。

口唇ヘルペスは最終的には、赤く腫れた上に水ぶくれができてしまいます。

口唇ヘルペスで水ぶくれができた場合は、初感染の場合は水ぶくれは大きく、再発を繰り返している場合は水ぶくれは小さくなっていきます。

粘膜の部分や傷のある皮膚と水ぶくれが破れた状態の時に触れてしまうと、感染してしまう可能性が高いので注意が必要です。

口唇ヘルペスの可能性チェック!

風邪をひいた時や体調が優れない時に、口唇の周辺に小さな水ぶくれができる場合は、口唇ヘルペスの可能性が高いです。

また口唇ヘルペスの場合は、紫外線をたくさん浴びた後に小さな水ぶくれができることもあります。

iZeV24FFg3WDjYNPNuY

そのような症状が現れる人は口唇ヘルペスの可能性があるので、医師に相談してみることをオススメします。

口唇ヘルペスの治療方法は?

UDEwMTAwNzGr4g
出典:http://39.benesse.ne.jp/housekeep/

口唇ヘルペスの治療は、出来るだけ早くすることが大切です。

口唇ヘルペスを早く治すには主に抗菌薬治療を行います。

口唇ヘルペスの抗菌薬は飲み薬と塗り薬があります。

口唇ヘルペスの症状によっては、鎮痛剤ビタミン剤抗生物質が処方されることもあります。

ヘルペスウイルス自体を退治することは、現代の医学では不可能だと言われています。

口唇ヘルペスを再発させないためには、体力や抵抗力が落とさないことが大切です。

しっかりとバランスのよい食事をとり、良質な睡眠をとるように心掛けましょう。