虫除けハーブって何?鉢植えでも育てられるのは?

暖かくなってくると気になるのは蚊やコバエ等の虫。

最近は、さまざまな虫除けグッズが販売されているけれど、
子どももいるので出来るだけ自然な物を使いたい。

そう思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな方にお勧めなのが虫除け効果のあるハーブを活用すること。

そこで今回は、虫除けハーブについてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

虫除け効果のあるハーブ

虫除け効果のあるハーブは何種類かあります。

そのそれぞれの特長も違いますので
ご家庭に合ったものを選ぶと良いでしょう。

そんな虫除け効果のあるハーブのひとつが、ペパーミント

これは、ご存知の方も多いと思いますがミントにはメントールが
含まれていますので、虫に対する忌避効果があります。

ミントはさまざまな種類がありますが
一番メントールの含有量が多いのがペパーミントです。

ミント類は繁殖力がとても高いので、だれにでも育てやすいハーブです。

そして、お肉料理などにも使われることの多いローズマリーもオススメ。

とっても香りの強いハーブで、虫除け効果や
防腐剤としての効果も期待できます。

これも比較的育てやすく、病害虫も少ないのでお勧め。

img56715778

鉢植えで育てられる虫除けハーブは?

上でご紹介した、ペパーミントもローズマリーも
鉢植えで育てることができます。

また、ゼラニウムも虫除け効果があることで知られるハーブ。

綺麗なお花を咲かせてくれるので、観賞用としても
虫除け対策としても楽しめるのが嬉しいですね。

ハーブは、鉢植えでも簡単に育つものが多いので、
お気に入りをみつけて寄せ植えなどにしてもいいですね。

ハーブを使ったスプレーは?

自分で育てたハーブを使って、虫除けスプレーを作ってみましょう。

先ずはペパーミント。

蓋の出来るガラス容器にミントの葉と茎を一杯に入れて、
容器いっぱいまでウォッカやホワイトリカーなどのアルコールを入れます。

これを毎日容器を振って冷暗所で2週間以上おいておきましょう。

2週間以上たったら、ガーゼなどでこしてから
スプレー容器に入れて虫に吹き付けましょう。

ローズマリーを使った虫除けは、ローズマリーを煮だして
冷まして、スプレー容器に入れればできあがり。

直接お肌にスプレーして虫除けとして使いましょう。

生のローズマリーを使っているので
冷蔵庫で保存して2週間を目安に使い切るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

いくら虫除けとはいっても、あまり肌に刺激のあるものは使いたくない。

そう思っている人は少なくないですね。

そこで、自然に生息するハーブを活用した虫除けなら、
安心して過ごすことができます。

また手作りの虫除けなら、お肌も嬉しいですよね。

今回ご紹介した以外にも虫除け効果のあるハーブがありますので、
自分の家に合ったものを見つけてみてください。