子供の白髪ってどうしてできるの?病気やストレス?

大人の白髪は年齢的なものでしかたがないけれど、
子どもなのに白髪が出来ていると親は気になりますよね。

何かあったのではないか?
病気なの?

では、どうして子どもでも白髪が出来てしまうのでしょうか?

今回はそんな気になる子供の白髪について、
その原因や治療法などをご紹介しましょう。

  [スポンサードリンク]

子どもの白髪の原因は?

子どもの白髪の原因はいくつか考えられます。

一番多いのがストレス

お子さんがストレスを感じているかどうかは
一番身近にいる両親なら見ていてわかるかもしれません。

たとえば、最近元気がない、あまりしゃべらない、
学校へ行きたくないみたい、イライラしているなど
普段とは違う様子を感じるかもしれません。

また、引越や転校等の環境の変化も原因となっているかもしれません。

栄養不足も白髪の原因となります。

偏食が多いというお子さんなどは、普段からできるだけ
バランスよく食べられるように心がけてあげましょう。

さらに、一か所のまとまって白髪が生えた場合には、
皮膚病にかかっている可能性もあります。

また、病気が原因で白髪になる場合もあります。

例えば、甲状腺疾患。

基本的には生まれてすぐに先天性の甲状腺疾患の検査をしますので
その時点でわかりますが、後天性の甲状腺疾患の場合には、
後で発症することがあります。

その場合、症状のひとつとして白髪が現れます。

他にも神経線維腫症や結節性硬化症なども症状のひとつに白髪があります。

kodomo

白髪を治すにはどうしたらいいの?

では、気になる子供の白髪は治すことができるのでしょうか?

大人になると白髪は治らないので染めている人も多いですが、
子どもはそういうわけにはいきません。

例えば、ストレスが原因の場合には、
ストレスで頭皮が硬くなって血流が悪くなるために
栄養不足になり白髪となって現れますので、
やさしく頭皮マッサージをしたり、
運動をしてストレスを発散させるようにしましょう。

栄養不足が原因の場合には、とくに亜鉛や銅、
カルシウム
が不足している場合が多いです。

そしてメラニン色素を活性化させるためにもミネラルは不可欠なので
出来うだけミネラルの多く含まれた食材を食べるようにしましょう。

ミネラル分が多いのが小魚ナッツ類

できるだけ、子供が食べ易いように調理して出してあげましょう。

このほか、皮膚病や病気が原因となっている場合には、
専門医を受診して治療してもらう必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

子どもの髪の毛に突然白髪が・・・

親としてはとっても気になりますよね。

でも、一時的なストレスが原因の場合などは
気が付くと無くなっていたりします。

なかなかなくならなかったり、一部分にまとめてある場合などは
早めに専門医を受診してみましょう。