デーツって何?嬉しい効能や食べ方!注意点はある?

女性たちの間で最近話題になっているデーツの、嬉しい効能や食べ方、注意点についてご紹介します!

  [スポンサードリンク]

そもそもデーツとは?

デーツとは、中近東のなつめやしの実で、中近東の方では日常的に食べられている果物です。

デーツはイラン、エジプト、パキスタン、北アフリカなどで多く生産されています。

デーツはイスラム教の教えでは「神の与えた食物」、旧約聖書に「エデンの園の果実」と記載もされている果物です。

デーツの主な栄養素は、マグネシウムや鉄分、亜鉛、カロチン、カルシウム、ビタミンB1、B2、B3、食物繊維などです。

中でもデーツには、食物繊維がとても多く含まれています。

カロリーは1粒(4g)で10kcal程度です。

7ed151e9

デーツの効能は?

デーツには人間の体にとても良い効能がいくつもありますので、いくつかご紹介したいと思います。

「整腸作用」

デーツに含まれるマグネシウムには体内の水分を腸に集める作用があるので、宿便の排出を促す効果があります。

またデーツには食物繊維がとても多く含まれているので、便通も良くなると言われています。

「貧血を改善する」

デーツには鉄分が豊富に含まれているので、ヘモグロビンを増加させて貧血を改善する効果が期待出来ます。

「ダイエット効果」

デーツが含む食物繊維で便通が良くなりますし、鉄分が多いので体の代謝をアップすることができ、ダイエット効果も期待出来ます。

そしてデーツには、糖質をエネルギーに換えるビタミンB1も多く含まれています。

「アルコールを分解する」

デーツには体内のアルコールを分解するのに効果的な、亜鉛も多く含まれています。

「生活習慣病の予防」

デーツが含む亜鉛には糖尿病を防ぐ作用があり、デーツが含むカロチンにはがんを予防する作用があります。

またデーツが含むカルシウムには、動脈硬化予防や高血圧予防の効果が期待出来ます。

「体の免疫力アップ」

デーツに多く含まれる亜鉛には、免疫細胞を活性化する作用がありますので、体の免疫力がアップすると言われています。

アトピーや花粉症などの、アレルギーを抑える効果もあると言われています。

「眼の疾患を防ぐ」

デーツに含まれるカロチンは、人の体内に吸収されるとビタミンAへと変化します。

ビタミンAには眼の焦点(ピント)を合わせるのを助けたり、眼の疾患を防ぐ効果があると言われています。

img_dates_main

デーツの食べ方と注意点!

ドライ状のデーツをそのまま食べるのが、デーツの1番お手軽な食べ方です。

ヨーグルトやパウンドケーキなどに混ぜても、デーツは美味しく食べられるのでオススメです!

デーツは栄養素が多いので、朝食の代わりにデーツを食べる方も多いようです。

しかしデーツには果糖とブドウ糖も多く含まれているので、やはり食べ過ぎには注意が必要です。

人間の体にとって嬉しい効果がたくさんあるデーツは、とくに女性に人気があるようです。

ドライ状のデーツは最近はコンビニなどでも購入できるので、是非日々の生活に取り入れてみて下さいね!