七夕飾りの紙衣の作り方を教えて。
子供でも作れる簡単な作り方は?

7月7日の七夕まつり。

家庭でも笹の葉に七夕飾りを作って飾り付けて
短冊に御願い事を書いたりして
楽しむという方も少なくないでしょう。

そんな七夕飾りはいろいろありますが、
今回はその中で紙衣の作り方を
ご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

七夕飾りの紙衣の意味は?

七夕飾りにはいろいろありますが、
それぞれに意味があることをご存知でしょうか?

それでは、紙衣にはどのような意味があるのでしょうか?

紙衣は、七夕飾りの一番上に飾る和紙で作った着物を言います。

病気や災いの身代わりをしてくれたり、
女性の裁縫の上達を祈るという願いがあります。

七夕飾りの紙衣を作ろう

それでは、紙衣を折り紙で作ってみましょう。

1)先ずは、折り紙を横半分に折ります。

2)それを開いて、上下を中心まで折ります。

3)これを裏返して開きます。

4)2で出来た折り目を中心線に向かっております。
  上下同じように折っていきます。

5)折り紙を縦にして、縦半分に折ります。

6)色が付いている面を上にむけて開いて、
  ハサミで上下の折り目までカットします。

7)白い方を表にして、下側両端を半分に折ります。

8)上半分のうち、白い部分を1センチ程度のこして折ります。

9)今度は白い面が出るように上に折り返します。

10)色面を見て上部の折り紙が重なった部分を袋びらきにします。

11)白い部分の端の角をすこしだけ折りこみます。

12)裏返して、別の色の折り紙で1センチ幅の帯をつくり
  腰の部分に張りつけたら出来上がりです。

ちょっと難しい紙衣にも挑戦してみましょう

織姫の着物をイメージした紙衣を作ってみましょう。

print_item05l
出典:http://webprint.epson.jp/

1)折り紙の表を内側にして半分に折ります。

2)1でつけた中心線にあわせて、上下の端を折ります。

3)裏返して、中心線に2の折り目あわせて折ります。
  反対側も同じように折ります。

4)90度回転して縦長に置き換えて上の部分を1cmぐらい折ります。

5)4で出来た横長の長方形の左右を開きます。

6)5の上側を下側に折ります。

7)6を真ん中辺りから上側へ折りあげて、着物の衿肩明きになります。

8)下側を半分より上目に折り、着物の袖丈の部分を作ります。

9)4で折った部分の端に合わせて8を手前に折ります。

10)左右を中心に向って折ります。

11)10を開いてさらに10の折線に合わせて外側の両端を中心に向って折ります。
  袖の裏側に当たる部分が三角になります。

12)裾の部分を開く形にするので、
  11で内側に折った部分を斜めに開きます。

13)着物は袂に丸みを帯びているので、
  袂に当たる部分を小さく中割折りにします。

14)裏返すと衣紋掛けにかけたような着物が出来上がりです。

ちょっと難しいですが、挑戦してみてください。

綺麗な千代紙などで作るのがオススメです。

他の七夕飾りの作り方についてはこちらをご参考下さい。

まとめ

いかがでしたか?

紙衣はあまり簡単ではないけれど、作ってみると華やかで素敵。

子どもと一緒に作るときには、大人のヘルプが必要なので
ぜひ、子供と一緒に愉しんでみてください。