風邪薬!市販薬は子供が飲んでも大丈夫?有効な成分は?

子供が風邪をひいた時に病院に行くほどでもないと、市販の風邪薬で対応するか悩みますよね。

ドラックストアでは子供用の風邪薬が多く市販されていますが、子供に市販の風邪薬を飲ませても大丈夫なのでしょうか?

今回は市販の子供用風邪薬に関する疑問や、有効な成分、よく効く市販の子供用風邪薬についてご紹介します!

  [スポンサードリンク]

子供に市販の風邪薬を飲ませても大丈夫?

市販の風邪薬はきちんと医療機関の検査を通っています。

市販の風邪薬は病院で処方される薬よりも成分が弱いので、用法用量を守って飲ませる分には問題ないでしょう。

しかし過去に薬でアレルギーが出たという経験がある子供の場合には、薬剤師に相談してから市販の風邪薬を飲ませて下さい。

市販の風邪薬は子供に有害!?

自分がが風邪をひいた時には市販の風邪薬を飲んでいても、子供となると副作用などが心配になりますよね。

結論から言うと、薬というものは人間の体にとっては異物なので、特に体が未熟な子供にとっては害がある場合もあります。

6歳未満の子供には市販の風邪薬を、飲ませないように推奨している国もあるようです。

風邪薬には様々な成分が入っていますが、中でも“抗ヒスタミン剤”という成分は要注意です!

抗ヒスタミン剤が含まれた市販の風邪薬を飲むと、子供によっては痙攣の症状を引き起こすこともあるそうです。

市販の風邪薬を子供に飲ませる場合には、風邪薬に含まれる成分をきちんと確認することが大切です。

風邪の症状によく効く成分は?

shutterstock_131236691

子供の風邪の症状と言っても、実に様々ですよね。

なので子供の風邪の症状に合わせて、風邪薬に含まれる成分を確認するようにしましょう。

代表的な風邪の症状と、有効的な成分をご紹介します。

“熱がある場合”

アセトアミノフェンイブプロフェンエテンザミドなど。

“のどや関節、頭の痛みがある場合”

アセトアミノフェンなど。

“のどに炎症がある場合”

イブプロフェントラネキサム酸など。

“鼻水や鼻詰まりの症状がある場合”

クロルフェニラミンフマル酸マレイン酸カルビノキサミンなど。

“咳の症状がある場合”

リン酸ジヒドロコデインdl-メチルエフェドリン塩酸塩など。

よく効く市販の子供用風邪薬は?

これまでお話したように市販の風邪薬は、成分や用法用量を守ることが大切です。

そのことを前提に…市販の子供用風邪薬で薬剤師さんがオススメしてくれた、子供用風邪薬があるのでご紹介したいと思います。

それは宇津こどもかぜ薬Cです。

5121NIVOQyL

この子供用風邪薬は風邪の諸症状全般に効果が期待でき、そしてビタミンC配合されているということです。

溶解性に優れているので早く溶けますし、イチゴ味の顆粒なので小さな子供でも飲みやすくなっています。

インフルエンザなどが流行している時期は、ちょっとした風邪なら病院へは行きたくないですよね。

しかし市販の風邪薬が売っているドラッグストアなどでも、インフルエンザやその他のウイルスは蔓延しています。

子供の体調が優れないなと思った時は、出来るだけ外出を控えるなどの対策もとりましょう。

また外出した際には、帰宅後すぐに手洗い&うがいを実行して下さいね!