風邪薬!市販のものは授乳中に飲んでも良いの?オススメは?

授乳中にちょっとした風邪を引いてしまった場合、市販の風邪薬を飲んで良いのか悩みますよね。

授乳中の場合は、市販の風邪薬は飲まない方が良いのでしょうか?

今回はそんな授乳中の市販の風邪薬に関する疑問や、授乳中に飲むことが出来る市販の風邪薬をご紹介します!

  [スポンサードリンク]

授乳中は市販の風邪薬は飲めないの?

授乳中でも風邪を引いてしまい、風邪薬の服用が必要になることはありますね。

風邪薬を飲まずに済むのならそれがベストですが、放置していて悪化してしまうのも困りものです。

市販の風邪薬には必ず添付文書が入っており、そこに『使用上の注意』が記載されています。

使用上の注意をきちんと読んでいない方も、少なくはないのではないでしょうか?

使用上の注意には授乳中の服用についての記載もありますので、授乳中に市販の風邪薬を飲む場合には、必ず使用上の注意をしっかりと読んでから服用して下さい。

また薬に対するアレルギーも、ないかどうか確認することも大切です。

授乳中に飲むことが出来る市販の風邪薬は?

使用上の注意に記載がない、授乳中に飲むことが出来る市販の風邪薬をご紹介します。

パブロン50(大正製薬)

4987306048096

抗ヒスタミン薬という成分が入っていないので、眠気や尿が出にくくなるといった副作用がほとんどありません。

咳の出る症状の風邪によく効きますが、鼻症状にはあまり効きません。

新エスタックW(エスエス製薬)

940290a

発熱や喉や関節の痛み、咳、鼻症状など風邪の症状に総合的に効きます。

しかし眠気などの副作用があるので、飲むタイミングには注意が必要です。

カフェイン水和物という成分が配合されているので、新エスタックWを服用した際には、カフェインを摂取し過ぎないようにして下さい。

パイロンS(塩野義製薬)

drughero_a-4987087030136

発熱や喉や関節の痛み、咳、鼻症状など風邪の症状に総合的に効きます。

甘草エキスなどの生薬も配合されているという特徴があります。

パイロンSも抗ヒスタミン薬という成分が入っているので、眠気などの副作用があります。

またカフェイン水和物が配合されているので、カフェインの摂取し過ぎには気を付けて下さい。

授乳中の市販の風邪薬を服用する際の注意点は?

使用上の注意に授乳中に関する記載がなくても、残念ながら100%安全ということではありません。

体に異常を少しでも感じたら、直ちに服用を中止して専門医を受診して下さい。

また市販の風邪薬の添付文書は箱の中に入っているので、購入前に確認することが出来ません。

購入前の市販の風邪薬の使用上の注意については、必ず薬剤師や登録販売者に確認しましょう!

お子様のためにも、早く風邪を治して下さいね。