浴衣の着付けを自分でしよう!女性編

浴衣を用意したのは良いけれど…
どこで着付けをするのかって悩みますよね。

今回は自分で出来る女性の浴衣の着付けをご紹介しますので、
是非浴衣の着付けにチェレンジしてみて下さい!

  [スポンサードリンク]

自分で出来る女性の浴衣の着付け~ステップ1~

きれいな浴衣の着付け方をご紹介します。

①浴衣の袖口をそれぞれの手で持ち、
両手を肩の高さまで上げて浴衣の袖口を引っ張ります。

②両方の襟を揃えて右手だけで持ち、
左手では背縫いを持ち、体の真ん中に合わせます。

1-04
出典:http://www.yukatakitsuke.net/

③浴衣の襟を持ち、少し抜いておきましょう。

④襟先から約10cm上のところを持って、
浴衣の丈の長さを調整します。

⑤上から浴衣の裾を降ろして、
くるぶしあたりの高さで止めます。

自分で出来る女性の浴衣の着付け~ステップ2~

①左手を右の腰に回しながら、
浴衣の縫い目が右足の小指に辺りに来るようにします。

1-07

②浴衣がズレないようにしながら、
左手を開き右側の浴衣を入れます。

裾の端を4~5cmほど上げるようにすると、
綺麗な浴衣の着こなしが出来ます。

③左手を右の腰に回し、浴衣の裾がズレないように押さえます。

右手を外し先たら先ほどと同じ様に、
裾の端を4~5cmほど上げるようにします。

④腰紐を前から後ろに向かって回します。

腰紐は腰骨の上の位置で結びます。

浴衣がズレないようにしっかりと結んで下さい。

腰の横辺りで腰紐を引っ張ると、
しっかりと締めることが出来ます。

自分で出来る女性の浴衣の着付け~ステップ3~

①腰紐がもし余ったら巻き付けて、
紐の端が見えないようにします。

②両脇から浴衣の内側に手を入れて、
背中真ん中辺りから両脇へ向けてシワを伸ばします。

③左手を浴衣の脇の下から中に入れて、
右襟の下の方を三角に折ります。

1-16

④左胸の下に襟の位置を直して押さえ、
右襟の下の方の位置を直します。

⑤右手で左の襟を持ち、
鎖骨の間が見えるくらいの位置でしっかりと合わせます。

自分で出来る女性の浴衣の着付け~ステップ4~

①この段階では浴衣がゆるんでいるので、
胸の下辺りで押さえて整え、腰紐で結びます。

襟がきちんと抜けているかも、確認して下さい。

②指を腰紐の内側に入れて、
背の真ん中辺りから脇の方に向けて引っ張り、
シワを伸ばします。

③前と後ろのおはしょりの余った部分を脇へ寄せて、
全体的な形を整えます。

1-23

④伊達締めを結んだら、先程と同じようにシワを伸ばします。

浴衣のゆるみやおはしょりのシワを伸ばし、形を整えます。

おはしょりの長さは帯を結んだ際に、
人差し指の長さくらいになるのがベストです。

⑤最後に浴衣の縫い目の位置が揃っているか確認して下さいね。

慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、
綺麗に浴衣を着こなす為に頑張って下さいね!