毎年、11月から4月にかけてはウイルスによる感染性胃腸炎が大流行します。

胃腸炎の症状や原因、治療についてまとめました。

急 性 胃 炎

急性胃炎は、さまざまな原因で起こる胃の粘膜の炎症です。

日常的にも起こりやすく、たとえば、コーヒーや緑茶などの嗜好品・唐辛子などの香辛料の摂りすぎ、風邪薬や鎮痛剤などの影響が原因となる場合もございます。

多くの場合は、1日を安静に過ごしたり、2~3日市販の胃薬を服用することで治ります。

症状の程度により、緊急に医師の診断が必要になる場合もございます。

十分な注意が必要するよう心かけた方がよろしいと思われます。

急性胃炎を繰り返していると、慢性胃炎となります。

症  状

 

胃のあたりに不快感や痛みなどがあります。

胃のむかつきや嘔吐(場合によっては吐血)、食欲不振が挙げられます。

原  因

 

大きく分けて、暴飲暴食やストレスなどの刺激によるもの、感染症やアレルギーなどの体内から起こるものがあります。

刺激によるもの

アルコール・コーヒー・香辛料・冷たいもの・熱いものなどの刺激物の過量摂取
 
薬(アスピリンや抗生物質、ヒスとロイド抗生炎症剤、副腎皮質ステロイド剤)などの副作用の場合

強酸、強アルカリなどの腐食性薬物などを飲んでしまったとき

その他

ストレス

たばこの吸い過ぎ

不規則な生活

体の中から起こるもの

 
消火器の病気以外の感染症(風邪、インフルエンザなど)

牛乳や卵、青魚などのアレルギー

  [スポンサードリンク]

治療について

原因がハッキリとしている場合は、原因を取り除きます。

取り除いた後は、症状に合わせた薬を服用します。

半日~1日(1~2食)絶食をして胃を休め、ぬるま湯などで水分補給をし、症状が軽いときは、これだけで楽になることが多いようです。

食べることができるようになりましたら、お粥、うどんなどやわらかい食事から、だんだんと普通の食事に戻し、しばらくの間は、アルコール・コーヒー・カレーなどの刺激の多いものは避けるように心がけましょう

こんな時は出来るだけ早めに専門医を受診しましょう

①激しい嘔吐などがある場合

②強酸、強アルカリなどの腐食性薬物を飲んでしまったとき

③感染症やアレルギーによる胃炎

④激しい痛みなどを伴う場合や症状を繰り返して起こるとき

感染症胃炎

感染性腸炎(流行性嘔吐下痢症)は、ウイルスなどが原因となり八勝する胃腸炎です。

感染胃腸炎は、ウイルス性胃腸炎の総称です。

ノロウイルス・ロタウイルス・アデノウイルス等よく耳にしますね。

ロタウイルス、アデノウイルスによる胃腸炎は、乳幼児によく見られます。

uirusu

症状について

 
感染性胃腸炎の症状は、病原体により異なり、個人差もございますが、下痢・嘔吐・悪心・腹痛・発熱などがあります。

ロタウイルスを原因とする場合は、便が白色になることもございます。

水のような下痢、血便となる場合も多いようです。

症状が重い場合は、脱水症状を起こすこともございます。

激しい下痢や急性胃腸炎には漢方五苓散料がおすすめです。