赤ちゃんの暑さ対策について。寝具や外出時はどうしてる?

最近は、夏になると熱中症のニュースがよく耳に入ってきます。

大人でも熱中症で倒れてしまう現在、小さな子どもや赤ちゃんは
自分で不調を訴えることができないので
大人がしっかりと注意してあげないといけません。

そこで今回は赤ちゃんの暑さ対策について、ご紹介しましょう。

  [スポンサードリンク]

寝るときの暑さ対策について

夏の夜の暑さ対策からご紹介しましょう。

赤ちゃんは小さいうちはクーラーをつけるのはちょっと気になりますね。

クーラーは身体が冷えてしまう上に、汗をかかなくなるので
つけっぱなしにすると体温調節機能が低い体質になってしまうからです。

では、どのように夏の夜の暑さを乗り切ればいいのでしょうか?

まずは、寝具からです。

汗を吸い取りやすく洗濯のしやすい寝具を選んであげましょう。

タオルケットやバスタオルなどをお腹部分だけに
かけてあげるぐらいでも十分に快適に眠れると思います。

また、オススメは敷布団の上にゴザを敷くこと。

ゴザで布団が温まりにくくなるので
適度な冷たさをキープできるだけでなく、
風通しがよくて汗が乾きやすいというメリットもあります。

また、暑い夜に脱水症状にならない様に
大人がこまめに水分補給させてあげることも大切です。

夏の外出時の暑さ対策は?

それでは、暑い夏に外出するときには
どんなことに気を付ければいいでしょう。

まず、外出の時間帯を考えることから始めましょう。

どうしても決まった時間に出かけなくてはいけないわけでない場合には、
朝の気温が高くなる前や夕方気温が下がってから出かけるようにしましょう。

また、ベビーカーに乗せている場合には、
ベビーカーは地面に近く、アスファルトからの反射熱で
とても暑くなるので、ベビーカーには日よけに付けて、
背中部分にはひんやりシートなどをおいてあげるとよいでしょう。

また、30分に1度程度は水分補給と休憩をするようにしましょう。

夏の暑さ対策に便利なグッズは?

084810-1024x1014

昔から熱のある時などに使われていたアイスノン

そのままタオルに置いて使用すると冷えすぎてしまうので、
寝る前のお布団をひんやりと冷すために使ったり、
ベビーカーのシートを冷すのに活用しましょう。

また、お出かけには保冷剤を活用しましょう。

ベビーカーのシートの下に入れておくと、適度に冷えて気持ちがよいですし
お母さんが抱っこするときなどに身体が接触すると暑いので
保冷剤をタオルに巻いておくと体温調節ができます。

もちろんアイスノンも保冷剤も長時間同じ場所にあたると
低温火傷になる恐れもありますので注意してつかいましょう。

まとめ

赤ちゃんと過ごす暑い夏。

大人はもちろんですが、赤ちゃんは体温調節が苦手なので
大人がしっかりとケアしてあげましょう。

ここでご紹介した方法のほかにもさまざまなアイデアがあると思いますので
いろいろ試して、赤ちゃんに一番よい方法を見つけてあげましょう。