部屋の暑さ対策、便利なグッズやクーラー以外の方法は?

梅雨が明けると、いよいよ蒸し暑い夏がやってきます。

皆さんは、暑い夏をどのように過ごしているでしょうか?

部屋の中にいても暑くてしょうがないから、1日中クーラーをつけっぱなし。

そんなご家庭も多いのではないでしょうか?

ですがクーラーをつけっぱなしにしていると電気代がかかるだけでなく、体にもよくありませんね。

では、どのように部屋の暑さ対策をしたらよいのでしょうか?

今回は暑い時期を快適に乗り切るための部屋の暑さ対策についてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

快適な部屋を造るために風通しをよくする

暑い時期を快適に過ごすためには、部屋の風通しを良くすることが一番大切です。

ですから、外出して帰宅したら閉めていた窓を開けて、換気をしましょう。

扇風機をかけたり、換気扇を回して、室内の空気を循環させるのも◎

また扇風機は窓にむけて部屋にこもった空気を追い出す様にすると効果的です。

また、風の通り道を造ることも大切です。

1部屋の窓を開けただけでは風は通り抜けることができません。

開けられる窓は出来るだけ開ける、風の通り道を遮っている家具は少しずつずらしておきましょう。

見た目から涼しげにする

room1-8
出典:http://www.interior-heart.com/

他にも視覚的に涼しげなアイテムを使うことも効果があります。

例えば、青系のインテリアにすると感覚的に赤系のインテリアよりも3°前後すずしく感じさせる効果があると言われます。

ですから、比較的面積の広いカーテンを青系にかえたり、ラグを青系にかえるなど、暑い季節のインテリアを楽しむのもよいでしょう。

また、日本の暑い季節はムシムシして湿度が高いことがありますので除湿器を活用するのもオススメです。

夜寝るときに便利な物は?

やはり暑い季節に困るのは、寝るときですね。

夜寝る時まで部屋が暑くては、寝苦しいでしょう。

けれども、ずっとクーラーをかけっぱなしなのは身体によくありません。

そこで活用したい便利グッズといえば、最近多く販売されるようになったひんやりシートなどの寝具。

普段使っている寝具の上に敷くだけで、体感温度がさがるというもので、かなり効果的なので敷物だけでなく枕にも活用してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

暑い季節で一番困るのは室内なのに熱中症になってしまうこと。

けれども、出来るだけ快適に過ごすためにできることはいろいろあります。

例えば、扇風機の使い方もすこし工夫すれば、かなり涼しくなります。

ご家庭でできることからひとつずつ始めてみるのはいかがでしょうか?