CCクリームってなに?BBクリームとの違いは?使い方は?

ここ数年は、メイクの定番となっているBBクリーム。

これは、使っているという方も使ったことがあるという方も多いでしょう。

けれども、最近はCCクリームというメイクアイテムが話題となっています。

このCCクリームとはどのようなものなのでしょうか?

また、BBクリームとは何が違うのでしょうか?

今回は気になるCCクリームについて、ご紹介しようと思います。

what-is-a-cc-cream

CCクリームって何?

BBクリームは知っているけれど、CCクリームってなんでしょう?

CCクリームのCCとはどんな意味なのでしょうか?

実は、CCクリームのCCには、これと言った決まりはありません。

メーカーによって、コントロールカラーやカラーコンディションなどオリジナルの意味を持っているようです。

CCクリームの魅力は、肌の色むらを整えるスキンケア効果が高いと言われています。

CCクリームとBBクリームの違いは?

それでは、BBクリームとCCクリームのちがいって何なんでしょう?

BBクリームは、傷跡を隠したり、肌を守る為に作られたファンデーションなのでカバー力も高く、
ひと塗りで欠点を隠してくれます。

それに対してCCクリームは、肌色を補正しながらお肌の欠点をカモフラージュさせてくれます。

さらにお肌のトーンアップ効果もあります。

CCクリームはBBクリームと比べると、軽い仕上がりと高いスキンケア効果があり色補正をすることでお肌をキレイに見せてくれます。

最近話題の澄肌CCクリーム
ワンプッシュでかなり伸びますし、紫外線も強力にカットしてくれるので人気です。

ただその分乾きが速いので手にとるよりも顔に点々と置いてから伸ばすようにするのがコツです。

CCクリームの使い方は?

では、CCクリームはどのように使えばよいのでしょうか?

ひとつは、CCクリームだけを使ってベースメイクをすること。

ナチュラル系のメイクが好きという方には、朝のスキンケアの最後にCCクリームを顔全体に馴染ませます。

これで、肌色を補正し素肌をキレイに見せてくれます。
その上からパウダーで仕上げれば◎

ふたつめは、CCクリームを下地として使う方法です。

朝のスキンケアの最後にCCクリームを顔全体に馴染ませたら、普段使っているファンデーションやBBクリームを重ねます。

どちらの使い方でもよいので、自分の肌の調子によって使い方をかえてみるのもよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

CCクリームはBBクリームより薄付きの印象がありますね。

けれども、肌をきれいに見せてくれる効果はありますので、毎日のお手入れ後に活用してもよいでしょう。

実際に使ってみると伸びがよく、使いやすいのでおすすめです。