戸田橋花火大会の日程や場所、見どころを教えて

夏と言えば、やっぱり楽しみなのが花火大会。

できるだけたくさんの花火大会を鑑賞しに
出かけたいけれどそれはなかなか無理。

今年はどの花火大会を見に行こうかなと考えている方に
オススメなのが「戸田橋花火大会」です。

オススメの理由は、川を挟んで反対側でも同日同時刻にもうひとつ
花火大会が開催されるので1度で二つの花火大会を鑑賞できるから。

ということで今回は戸田橋花火大会の日程や場所、
見どころについてご紹介しようと思います。

blog_import_53df40a0b037a

今年の戸田橋花火大会の日程や場所は?

戸田橋花火大会は毎年8月の第1土曜日に
「いたばし花火大会」と共同開催されます。

今年の戸田橋花火大会の詳細についてはご紹介しましょう。

<名称>第62回戸田橋花火大会

<日程>2015年8月1日(土) 午後7時~8時30分まで

   雨天や強風の場合は翌2日(日)に延期

<会場>荒川戸田橋上流 戸田市側河川敷

<アクセス>JR埼京線戸田公園駅下車徒歩約20分

戸田橋花火大会の見どころは?

たくさんある花火大会のなかで戸田橋花火大会を選ぶのは
それだけ魅力があるからでしょう。

その魅力のひとつといえるのが、荒川を挟んだ板橋区の
いたばし花火大会と同日同時刻開催ということでしょう。

多くの花火ファンの間で東京近郊で最強の花火大会ともいわれるほどで
両岸を合わせると約11000発が打ち上げられます。

戸田橋花火大会のほうでは、約5800初の花火が打ち上げられ、
迫力満点の尺玉や色鮮やかなスターマイン、
フィナーレにはウルトラスーパースターマインが見どころとなっています。

  [スポンサードリンク]

戸田橋花火大会の穴場スポットを教えて。

せっかく戸田橋花火大会を見に行くならゆったりと鑑賞したい。

ということで、穴場スポットもご紹介しておきましょう。

一番のオススメスポットは、戸田橋競艇場南側の河川敷です。

大会の本部席がある河川敷はとっても混雑が予想されますが、
この戸田橋競艇場南の河川敷は本部側に比べると混雑が少ないです。

無料開放となっているので、早めにいって場所取りしておけば
ゆったりと迫力の花火を鑑賞することができるでしょう。

このほかに、近くのスーパーの屋上や屋上駐車場が解放される場合もあります。

実際に解放されるかは、事前確認が必要です。

まとめ

関東の他の花火大会についてはこちらをご参考下さい。

今年の花火大会はどこに行こうかなと考えている方は、
この戸田橋花火大会も候補に入れてみてはいかがでしょうか?

同日同時刻開催の両岸の花火を見られるのはとっても貴重ですね。

一度は足を運んでみたい戸田橋花火大会ですね。