神奈川新聞花火大会の日程や場所、見どころを教えて

夏のイベントといえば、花火大会。

都内近郊でもたくさんの花火大会が開催されますので
今年はどこの花火を見に行こうかと考えている方も多いでしょう。

そんな中でも神奈川新聞花火大会は人気となっています。

今回は、そんな神奈川新聞花火大会の
日程や場所、見どころについてご紹介しようと思います。

1024-768

神奈川新聞花火大会の日程や場所は?

それでは、神奈川新聞花火大会の日程や場所をご紹介しましょう。

<名称>第30回神奈川新聞花火大会

<日程>2015年8月4日(火) 午後7時~8時30分

   小雨決行 荒天時は翌5日(水)に延期

<会場>横浜みなとみらい21 臨港パーク全面会場
   みなとみらい21エリア

<アクセス>JR・東急電鉄・横浜高速鉄道・横浜市営地下鉄横浜駅
     東口から徒歩20分

     JR・横浜市営地下鉄桜木町駅から徒歩15分

     横浜高速鉄道みなとみらい駅または新高島駅から徒歩10分

となっています。

神奈川新聞花火大会の見どころは?

神奈川新聞花火大会は、みなとみらい21地区臨港パーク全面会場から
約15000発の多彩な花火が打ち上げられます。

毎年20万人前後の観客が集まる大規模な花火大会です。

開いたら直径が480mにもなる関東最大級の二尺玉や
音楽に合わせて打ち上げられる花火、
大スターマインや尺玉の連発など見どころがいっぱいです。

一度はぜひ、鑑賞してみたい花火大会のひとつです。

  [スポンサードリンク]

神奈川新聞花火大会の穴場スポットは

人気の神奈川新聞花火大会は毎年かなりの人込みが予想されます。

それでもできるだけノンビリと花火鑑賞がしたいという方もいるでしょう。

そこで穴場スポットをいくつかご紹介しようと思います。

まずひとつめは、横浜ランドマークタワー展望フロアです。

69階にある高さ273mの展望フロアスカイガーデンが
花火大会当日解放されるのです。

花火を見下ろす体験はなかなか出来ないのでお勧めです。

そしてポートサイド公園もオススメ。

打ち上げ会場から少し離れることでゆっくりと花火が鑑賞できます。

とくにベンチが多いのでゆっくりと座って鑑賞できるのが嬉しいですね。

また、花火鑑賞券と個人協賛者咳がアリの巣ので、
有料ですがゆっくりと見ることが出来ます。

まとめ

関東の他の花火大会についてはこちらも合わせて御覧ください。

神奈川新聞花火大会は、かなり大規模な花火大会なので
人ごみもすごいですが、広範囲から見られるので
穴場スポットもたくさんあります。

自分だけの鑑賞スポットを見つけて、楽しみたいですね。