多摩川花火大会の日程や場所、見どころを教えて

夏のイベントといえば花火大会。

浴衣を着て出かけたいものですよね。

関東地方でも大規模な花火大会がいくつも開催されます。

今回は、そのなかのひとつ
多摩川花火大会について御紹介しましょう。

多摩川花火大会

多摩川花火大会の日程や場所は?

それでは、まずは多摩川花火大会の詳細をご紹介しましょう。

<名称>第37回世田谷区たまがわ花火大会
   輝き~未来へはばたけ世田谷の力~

<日程>2015年8月22日(土) 午後7時~8時
   出店出店時間 午後3時~9時

   荒天の場合は翌23日(日)に延期。

<場所>世田谷区側 世田谷区立二子玉川緑地運動場
   川崎市側  川崎市高津区諏訪・多摩川河川敷

<アクセス>東急電鉄二子玉川駅から徒歩15分

となっています。

多摩川花火大会の見どころは?

それでは、多摩川花火大会にはどんな魅力があるのでしょう。

実はこの多摩川花火大会は
2つの花火大会が同時開催されることでも有名。

世田谷区で開催されるたまがわ花火大会と
川崎市で開催される多摩川花火大会です。

川崎市側では音楽と花火を融合させた
花火リュージョンで盛り上がります。

  [スポンサードリンク]

多摩川花火大会のおすすめの穴場スポットは?

せっかくなのでノンビリ花火鑑賞を楽しみたいという方に、
おすすめの穴場スポットをいくつかご紹介しましょう。

まずは、宇奈根キャンプ場周辺です。

ここは打ち上げ場所から少し離れている河川敷なので
混雑もひどくないので、ゆっくりと花火を楽しめるでしょう。

河川敷なので、しっかりと花火をみることはできます。

そして、宇奈根公園もおすすめ。

打ち上げ場所から近いので
大きく迫力のある花火を堪能できます。

駅からちょっと歩くので人ごみも緩和されてます。

出来るならば、早めにいって場所取りをしておけば、
ゆっくりと花火を楽しむことができるでしょう。

さらに、多摩川花火大会では有料席も用意されています。

事前のめんどうな場所取りは嫌だけれど、
ゆっくりすわって花火を鑑賞したい方には有料席がオススメです。

まとめ

関東の他の花火大会についてはこちらでまとめています。

多摩川花火大会の詳細はいかがでしたか?

最寄駅が二子玉川駅ということで、昼間はショッピングをして
夕方から花火大会に向かうという方も多いのが特徴。

かなりの人込みが予想されますので、
できるだけ早めに場所取りをしておいた方がよいでしょう。

会場周辺では、屋台などもたくさんでていますので
早めに行っても楽しく時間を過ごすことが出来るでしょう。

今年の花火大会、何処に行こうか迷っていたら多摩川花火大会がオススメ。