赤ちゃんのあせも、どうやって治す?対策は?

暑くなってくると汗をかくようになります。

とくに赤ちゃんや小さなお子さんは、
汗をかきやすいのでほおっておくと
赤いぶつぶつになっているのを見かけますね。

これが、あせもですね。

そこで今回は赤ちゃんのあせもの
予防法や治し方などをご紹介しましょう。

  [スポンサードリンク]

赤ちゃんのあせもの対策は?

まずは、あせもができないように予防をしてあげたいものですよね。

暑い季節になるまえに、対策を知っておけば、
あせもで悩むことなく暑い季節を乗り越えられるでしょう。

一番大切な対策としては、汗をかいたらそのままにしないこと。

できるならシャワーを浴びて汗を流すか、
清潔なタオルやガーゼなどで汗を拭きとってあげましょう。

また、服装選びにもポイントがあります。

汗をよく吸ってくれる木綿や速乾性のある麻などの素材を
上手に取り入れるようにしましょう。

赤ちゃんは体温が高いので、室内の温度にも心配りが必要です。

できれば、エアコンを利用して
汗をかかない工夫をしてあげましょう。

さらに、赤ちゃんはおむつで
汗をかいてしまうこともよくあります。

できるだけこまめにおむつを交換して、
下着なども汗をかいたら
取り換えるようにしてあげましょう。

つまり「汗をかいたらすぐに拭く」ということが
一番のポイントと言えるでしょう。

できてしまったあせもの治し方

それでは、いろいろ予防はしていても
あせもが出来てしまったら
どのように治せばよいのでしょうか?

じつは、あせもにも種類がありますので、
その種類によっても治し方が違う事を覚えておきましょう。

ひとつめは、小さな水泡上の白いブツブツの場合は
自然に消滅するのでそのまま清潔に保ちましょう。

二つ目は、赤く痒みのあるブツブツの場合ですが、
これは、ステロイド剤が効果的です。

さらに皮膚の深いところにできるものは、
市販薬では治せないので医療機関を受診しましょう。

一般的多いのが赤いブツブツですので、
ステロイド外用薬で治すことができます。

asemobaby

市販薬のおすすめは?

赤ちゃんのあせもにおすすめの
市販薬もご紹介しておきましょう。

ステロイド外用薬が効果的とはいっても
赤ちゃんのお肌にはステロイド剤は
使いたくないママも多いでしょう。

そんなママにオススメなのが桃の葉ローションです。

サラっとしたローションでさっぱろとしているので
赤ちゃんのお肌にも塗りやすいのでおすすめ。

桃の葉から抽出したエキスを配合しているので、
昔からあかちゃんのあせもにも安心して使えると人気ですね。

ちなみに我が家でも娘が小さいころに
あせも対策にお風呂上りに桃の葉ローションをぬっていました。

まとめ

暑い季節は、赤ちゃんにとっても大変な季節です。

赤ちゃんができるだけ気持ちよく暑い時期を乗り越えられるように
ここでご紹介した対策をしっかりして、すっきりとさせてあげましょう。