みなとこうべ海上花火大会!日程や場所、見どころは?

夏といえば、やっぱり花火大会。

日本各地で花火大会が予定されていますが、
みなさんは花火大会にいく計画はもう立てましたか?

まだという方もいますし、どこの花火大会に行くか迷っている
という方も多いのではないでしょうか?

毎年行っているところとは違う花火大会に
行ってみたいと考えている方に
今回は「みなとこうべ海上花火大会」の日程や場所、
見どころについてご紹介しようと思います。

BqQeaqPCcAAnfFW

みなとこうべ海上花火大会の日程や場所は?

それでは、まず気になる日程や場所からご紹介しましょう。

<日程>2015年8月8日(土)

   19:30~20:30予定

   雨天決行、荒天の場合には中止となります。

   開催中止の決定は15:00に行われます。

<場所>神戸港、新港突堤からメリケンパークおきの台船上

<アクセス>JR元町駅、JRこうべえき、阪神電鉄元町駅、
     神戸市営地下鉄ハーバーランド駅、神戸市営地下鉄中央市場前駅、
     神戸高速鉄道高速神戸駅など。

みなとこうべ海上花火大会の見どころは?

そんな「みなとこうべ海上花火大会」の見どころは、
神戸の海上で美しく咲き誇るような花火です。

1000万ドルの夜景と言われるうつくしい神戸の夜景と
コラボしたような夢の花火大会ともいえます。

また打ち上げ数が約1万発というのもすごい迫力です。

とくにメリケンパーク沖合から打ち上げられる水上スターマインは
神戸港一帯を照らす様子から、多くの人の心をつかみます。

このほか、仕掛け花火や斜め打ち上げ花火など趣向を凝らした
たのしい花火がたくさんあります。

そして、神戸港という立地のため、すこし離れた高台などからも
ゆっくりと花火を鑑賞できるのも魅力と言えるでしょう。

  [スポンサードリンク]

みなとこうべ海上花火大会の穴場スポットは?

せっかくだから、美しい花火をゆったりと鑑賞したい。

そんな方のために、穴場スポットもご紹介しておきましょう。

一番のおすすめ穴場スポットは、六甲山展望台です。

山頂の展望台からだと花火を見下ろす感じで鑑賞できます。

いつもと違う花火を鑑賞したい方におすすめです。

そして、ポーアイしおさい公園もおすすめ。

場所が大変広く長いので
多くの人でひしめき合っている感じではありません。

比較的のんびりと鑑賞できるスポットになります。

まとめ

いかがでしたか?

神戸の港をバックに打つあげられる花火は美しいですよね。

今年は、ちょっと離れた穴場から鑑賞するとか、
ビルの上階から見下ろしてみるなどいつもとは違う鑑賞方法を
みつけてみるのも楽しいかもしれませんね。