猪名川花火大会について教えて。日程や場所は?見どころは?

夏のレジャーと言えば、海?

もちろん、暑い日差しの下で海水浴も楽しいけれど、
日が暮れてから楽しめる花火大会も
楽しみのイベントではないでしょうか?

たくさんの花火大会が開催される夏。

今年はどこの花火大会を見に行こうかと迷っている方に、
今回は猪名川花火大会について、日程や場所、
見どころなどをご紹介しようと思います。

c0191021_011731

猪名川花火大会とは?

それでは、さっそく猪名川花火大会の詳細を御紹介しましょう。

<日程>毎年8月の第3土曜日に開催されているので今年は

   2015年8月15日に開催される見込みです。

   19:20から20:20まで。

<場所>猪名川河川敷での打ち上げとなります。

<アクセス>阪急電鉄池田駅から徒歩10分
    
     川西能勢口駅から徒歩で10分

     JR川西池田駅から徒歩で15分となっています。

猪名川花火大会の見どころは?

それでは、猪名川花火大会の見どころもご紹介しておきましょう。

この花火大会の目的は、大阪府池田市と兵庫県の川西市の友好です。

昭和23年から続いている伝統のある花火大会といえるでしょう。

毎年テーマが決められています。

ちなみに昨年のテーマは色彩の魔術師という事で
彩り豊かな花火が打ち上がり夜空を彩りました。

はやりフィナーレの約4000発の打ち上げが豪華です。

ぜひ、真夏の夜空を彩る美しい花火を見に行きましょう。

  [スポンサードリンク]

猪名川花火大会の穴場スポットは?

せっかくなので、ゆっくりと花火を楽しめる穴場スポットで
見たいという方に穴場スポットもいくつかご紹介しておきましょう。

まずは、猪名川運動運動公園です。

こちらは打ち上げ場所から少し離れているということで、
人ごみがあまり激しくないので、レジャーシートを敷いて
ノンビリと鑑賞できるでしょう。

そして、もう一つのすみれが丘です。

すみれが丘郵便局と小学校の間にある長い階段で花火を鑑賞できます。

階段の上ということで見晴らしもよく、かなり遠くまで見渡せるのが魅力。

さらにちょっと遠くから花火大会の雰囲気だけでも
味わいたい方にお勧めが伊丹スカイパークです。

遠くに花火と伊丹空港を見ながら夜景をたのしむことが出来るので
ロマンティックな穴場スポットとなっています。

まとめ

いかがでしたか?

関西地方でもたくさんの花火大会が開催されますが
大阪でたのしめる花火大会のオススメのひとつ猪名川花火大会。

打ち上げ会場近くで鑑賞するもよし、
ちょっと遠くからのんびりと鑑賞するのもよいでしょう。