お盆玉について教えて。どのくらいの相場で?ぽち袋もある?

夏といえば、子どもも大人も楽しみにしている夏休みがあります。

夏のイベントも多く、いまから楽しみという方も多いでしょう。

そんな中で、夏の新習慣として最近「お盆玉」が注目されています。

「お盆玉」って何?という方の為にも、
今回はお盆玉の事をご紹介していこうと思います。

  [スポンサードリンク]

お盆玉とは?

お盆玉は、年始にあげるお年玉のようなもの。

お盆休みに孫や親戚の子ども達にあげる
お小遣いの事で最近話題となっています。

もともとは江戸時代の山形県の一部地域で行われていて、
夏に奉公人に衣類や下駄などを渡す風習が、昭和初期になって
子どもにお小遣いをあげるように変化したと言われています。

一部の地域だけで行われていたもので、
全国的なものではないのでご存知の方は多くはないでしょう。

最近では、デパートなどでお盆玉を入れるためのぽち袋なども
販売されるようになって、徐々に一般にも知られるようになってきました。

お盆玉の相場はどれくらい?

それでは、自分もお盆玉を親戚の子供などのあげたいと考えた時、
気になることと言えば、どのくらいの金額をあげればいいかということ。

お盆玉という言葉自体、最近耳にするようになってきたので、
相場というほどの決まりもまだありませんね。

けれども、一般的には相手の子どもが小学生ならば3000円程度、
中学生以上で5000円~10000円程度がよいでしょう。

もちろん、お年玉でかなりの金額をあげているので
形だけという方もいますが、それでもかまわないと思います。

お盆玉の専用ぽち袋はある?

お盆玉

それでは、もうひとつ気になるぽち袋についてもご紹介しましょう。

あまり見かけないかもしれませんが、デパートの雑貨売り場などでは
徐々にお盆玉専用のぽち袋を販売するようになってきました。

また日本郵便では2014年の7月から
お盆玉袋の販売を始めています。

お盆玉と書いてあるぽち袋から、おこづかいなどと書かれているものまで
デザインもさまざまなのでぜひチェックしてみてください。

もちろん専用のぽち袋でなくてもかまいません。

市販の小さなぽち袋を持っている方は
そこに「お盆玉」と書いて使ってもよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

お盆玉という言葉自体初めて耳にしたという方も少なくないでしょう。

現在は孫の人数も少なくなったという事もあって、
孫にお小遣いをあげたいと思う祖父母にとっては
とても良い機会となるお盆玉。

もちろん、まだまだ一般的になっていないので
必ずやらなくてはいけないものではありませんが、
どんな形でもお小遣いをあげたいという方は、
活用してみてもよいでしょう。