車をぶつけた時の対応は?警察には連絡する?
お詫びはどうする?

普段の生活や仕事で車を利用しているという方は多いと思いますが、
そんな中、駐車場などで隣の車にぶつけてしまったという
経験がある方も少なくないでしょう。

でも、実際に車をぶつけたらどうしたらいいかわからない
という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は車をぶつけた時の対応について、
ご紹介いたしましょう。

  [スポンサードリンク]

車をぶつけた時にはすぐ連絡

駐車場などで車をぶつけてしまった時、
その車には人が乗っていないことが多いのでどうしたらいいか焦ります。

そんなときは、お店の人や駐車場の人などに連絡をしましょう。

そして、車の持ち主と連絡が取れるようにしましょう。

相手が来たら状況を説明して謝ることが大切です。

傷の程度などによって、本人同士が話し合いによって
傷の修理代をお支払いするなどの対応が必要です。

もしも当事者同士での話が難しい場合には、
警察や保険会社に連絡をとって話を進めてもらうことになります。

車をぶつけた時の警察と保険会社への連絡は?

車をぶつけた時は、相手と連絡を取るほかにも
警察や保険会社に連絡をすることも必要です。

警察への届け出は必ず行いましょう。

なぜなら事故を起こしてから後で首や背中が痛くなった等で
事故が原因でそうなったことを確認するためです。

そして、保険会社への連絡です。

お互いにどのくらいの割合で修理費を祓うかを決めてもらう為に
保険会社を呼ばなくてはいけません。

写真をとったり、どのように事故が起こったかなど
保険会社といっしょに離す必要があります。

また、もちろんけが人がいる場合には
救急車を呼ばなくてはいけません。

0003

車をぶつけた時のお詫びは?

車をぶつけた時、話し合いは円満に終わったら
それで完了とはいきません。

保険の対応がどうなるかなどにかかわらず、
菓子折りをもって相手方へお詫びに行くことは礼儀でしょう。

そえだけでも今後の対応がかわることもあります。

現金や商品券ではなく、日持ちのする菓子折りなどを
もって行くとよいでしょう。

相手の家や会社などが遠い場合には、
電話でお詫びをするだけでもよいでしょう。

お詫びについても保険会社と相談すると、
対応の方法を教えてくれる場合もありますので、
先ずは相談ですね。

まとめ

いかがでしたか?

車をぶつけてしまったらどうしたらいいの?

という疑問がすこしは解決できたでしょうか?

基本的には、相手に連絡、警察に連絡、保険会社に連絡です。

ぜひ、これはしっかりと覚えておきましょう。