名古屋みなと祭り花火大会について教えて。日程や場所、穴場は?

そろそろ梅雨入りした地域も少なくないでしょう。

そして梅雨があけたら暑い夏がやってきますね。

夏と言えば、さまざまなイベントがありますが、
やっぱり楽しみなのが花火大会ではないでしょうか?

今年はどこの花火大会に行くかきめましたか?

今回は、名古屋みなと祭り花火大会についてご紹介しようと思います。

名古屋みなと祭り花火大会

名古屋みなと祭り花火大会とは?

それでは、さっそく「名古屋みなと祭り花火大会」
についてご紹介しましょう。

日程)2015年7月20日(月・祝)

   19:30~20:20

   小雨決行。荒天中止となります。

場所)名古屋港ガーデンふ頭

打ち上げ数)約3000発

アクセス)地下鉄東山線栄駅下車、地下鉄名城線・名港線名古屋港のりかえ
     名古屋港駅下車

となっています。

名古屋みなと祭り花火大会の見どころは?

花火大会と言えば、8月に集中していますが
この名古屋みなと祭り花火大会は
7月の夏休みのスタートと同時にあります。

夏祭りのクライマックスとしてあげられる花火で、
名古屋港の夏の風物詩として親しまれています。

見どころは、会場に設置されている多数のスピーカーから流れる音楽と
それに合わせて打ち上げられる花火と競演は見ものです。

そのほかにも、大玉花火連続打ち上げや創作スターマインなど
たのしめることが沢山あります。

打ち上げ数はあまり多くありませんが、夏の始まりをつげる
花火大会として楽しみたいところです。

  [スポンサードリンク]

名古屋みなと祭り花火大会の穴場スポットは?

せっかく名古屋みなと祭り花火大会を見に行くなら
人ごみを避けてノンビリト楽しみたいとか、
しっかりと見られる場所で見たいなどの希望があるでしょう。

そこで名古屋みなと祭り花火大会の穴場スポットもご紹介します。

この花火大会でたくさんの露店が並びますので、そこに人が集中します。

ですから、露天周辺からすこし外れると人ごみが避けられます。

オススメは、リリーハイツ港周辺の橋なら現地の人が殆どで
ゆっくりとキレイな花火を鑑賞することが出来ます。

そして、もうひとつ稲永駅から名古屋港へ通じる金城埠頭より北側も
ゆっくりと花火を鑑賞できますのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、名古屋みなと祭り花火大会についてご紹介しました。

打ち上げ数は他の花火大会に比べると少ない方だと思いますが、
名古屋港の夜景とともに楽しむ花火は、また違った風情があります。

穴場のスポットもたくさんあって、人ごみを避けて楽しめるので
ぜひ、今年は名古屋みなと祭り花火大会に行ってみませんか?