大阪愛染祭りについて教えて。歴史や日程、見どころは?

そろそろ夏のお出かけの計画をたてたい時期になりましたね。

やっぱり夏の楽しみと言えば、お祭り!

という方も多いのではないでしょうか?

そんな中でも大阪三大夏祭りのひとつとして有名な
「大阪愛染まつり」についてご紹介しようと思います。

  [スポンサードリンク]

大阪愛染まつりとは?

大阪愛染まつりは、大阪府大阪市天王寺区にある和宗総本山四天王寺の
別院である愛染堂勝鬘院で催されるお祭り。

天神祭、住吉まつりにならぶ大阪三大夏祭りの一つとなります。

もともとは、聖徳太子の「苦しみ、悲しみを抱く人々を救済したい」という
大乗仏教の意向を受け継いで、1400年もの続く無病息災を祈る祭事。

関西の夏祭りの初日ということもあり、浴衣を着て訪れる参拝者が多く
別名浴衣まつりとも呼ばれています。

news_img

大阪愛染まつりの日程は?

つぎに大阪愛染まつりの日程についてご紹介しましょう。

大阪愛染まつりは、毎年6月30日から7月2日まで行われます。

6月30日が宵宮、7月1日が本祭、7月2日が残り福となります。

この3日間の期間中に小雨が降る日があるとされています。

通常ならお祭りのときに雨が降ると残念な気持ちになったり、
テンションが下がってしまいます。

けれども愛染まつりでは、この時に雨に行きあった恋人たちは
結ばれると言われているので雨が降ると嬉しいということです。

大阪愛染まつりの見どころを教えて!

では、つぎに大阪愛染まつりの見どころもご紹介しましょう。

その初めの見どころといえば、宝恵駕籠にのった愛染娘のパレードです。

6月30日の13時から15時ごろまでとなります。

愛染まつり期間中にお祭りをPRする為に結成される浴衣娘は
毎年一般公募から10名が選出されます。

また、境内には宝恵駕籠を体験できる場所などもありますので
こちらにも足をはこびたいものです。

さらに、浴衣を着てきた人には愛染娘さんから数珠のブレスレットの
プレゼントもありますので、女性には嬉しいですね。

せっかくなら宿泊して3日間楽しみたいという方には、
ホテルトラスティ大阪阿倍野がオススメ。

天王寺駅に直結しているのでとても便利。
さらに洗練された空間でゆったりと過ごせるのもいいですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、大阪愛染まつりについてご紹介しました。

3日間でかなり多くの人出が予想されるお祭りですが、
このお祭りの雰囲気をたっぷり味わいたいものですね。