新居浜太鼓祭りについて教えて。その歴史や日程、見どころ

夏と言えば、お祭り。

今年も夏のお祭りの準備があちこちで始まっている事でしょう。

なかでも有名なお祭りが多いのが四国ですね。

そのなかのひとつ、新居浜太鼓祭りはお祭り好きな男性なら
一度は見ておきたいと思うほどのものなんですよね。

そこで今回はそんな新居浜太鼓祭りについてご紹介しましょう。

  [スポンサードリンク]

新居浜太鼓祭りとは?

新居浜太鼓祭りは、愛媛県新居浜市を代表する秋祭り。

徳島の阿波踊りや高知のよさこい祭りとともに
四国三大祭りとされています。

秋の豊作を祝って、新居浜市内各地で執り行われる祭礼で、
市内外から多くの観光客があつまります。

このお祭りの歴史ははっきりとはしていませんが、
明治初期以降は別子公然の近代化などによって
新居浜市が経済的にも人材的にも活気づいたことなどから、
次第に太鼓台が巨大化したり、筋刺繍を施すなど
華やかなものとなっていったようです。

新居浜太鼓祭りの見どころは?

新居浜太鼓祭りは、毎年10月16日~18日まで行われます。

このお祭りでのメインは豪華な装飾が施された太鼓台と呼ばれる山車。

秋の豊作を祝って市内を練り歩きます。

この太古代は大きさが高さ約5.4メートルもあり、
長さは11メートルとういことでかなり巨大な山車で
150人もの担ぎ手が必要とされています。

太鼓台はお祭りの間は常にたたきならされています。

そして最大の見どころは、「かきくらべ」と呼ばれる
車輪をつけて運行されるのが普通のですが、
車輪を外して重さ約2.5トンの太鼓台を約150人の男たちが
担ぎ上げて、耐久時間などを競うパフォーマンス。

鉢合わせの激しさから喧嘩祭りとも呼ばれています。

ぜひ、間近でその迫力を体験したいですね。

新居浜太鼓祭り

新居浜太鼓祭りを見るためにおすすめのホテルは?

せっかくの新居浜太鼓祭りなので、宿泊して
たっぷりと楽しみたいという方もいるでしょう。

そこで新居浜太鼓祭りを見に行くのに便利な
オススメのホテルもご紹介しておきましょう。

ひとつは、「ホテルルートイン新居浜」です。

こちらは、どの向きの窓からも美しい景色を楽しめるホテルなので
お祭りのあとの疲れた体を癒すのにもおすすめです。

そしてもう一つが、ビジネスホテル MISORAです。

ゆったりとした和室や洋室があり、全館改装オープンしたばかりなので
清潔感のあるお部屋でノンビリと過ごすことができます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、新居浜太鼓祭りについてご紹介しました。

ケンカまつりとも呼ばれるこの新居浜太鼓祭り。

その迫力のある雰囲気に圧倒されてしまいそうですが、
そこに観客として参加できるだけでもかなりの価値のあるものでしょう。