おわら風の盆について教えて。その歴史や見どころ、日程は?

日本全国でたくさんのお祭りが開催されていますが、
特に夏の期間には多くのお祭りがおこなわれます。

そんな夏のお祭りのひとつに、「おわら風の盆」です。

一見お祭りとは思えないネーミングですが、じつはお祭り。

ということで今回は、おわら風の盆について、ご紹介しましょう。

  [スポンサードリンク]

おわら風の盆とは?

それでは、初めてこのおわら風の盆について知った方にも
分かるようにご説明していきましょう。

おわら風の盆は、富山県富山市八尾地域で毎年行われるお祭りです。

越中おわら節に旋律に載って、坂が多い街の道筋を
無言で踊り手たちが洗練された踊りを披露するもの。

開催中の3日間で約25万人の見物客が訪れるといいます。

その歴史は、江戸時代の元禄期から始まり、
街に流出していた文書によるとこれが三日三晩
踊り明かしたということもあるようです。

おわら風の盆の日程やおすすめは?

ことしのおわら風の盆の日程は、
9月1日から3日までの3日間。

時間は、19:00からとなっています。

このおわら風の盆の見どころはどこにあるでしょうか?

実は公式発表では踊りは23:00までとなっていますが
実際には夜中も踊り明かしています。

そして、石畳が敷き詰められたゆるやかな坂道を胡弓の音色に
あわせて踊る町流しは幻想的な雰囲気。

深夜におよぶ踊りをじっくりと楽しむと、
そのストーリー性のある踊りに
驚きと感動を覚えるでしょう。

おわら風の盆

おわら風の盆を見に行くツアーやホテルは?

県外からこのおわら風の盆を楽しむために
富山市に訪れる方も少なくないと思います。

そんなときは、ツアーが便利でしょう。

多くの旅行会社でもこのおわら風の盆に合わせた
ツアープランが作られています。

自分達でいろいろ動き回るのもいいけれど、
ある程度知識のある方達と楽しむのもいいですよね。

そして、オススメのホテルは、山田温泉 元湯玄猿楼です。

こちらは越中八尾えきから車で10分程のところにあるので便利。

そして北陸最古の100%かけ流しの温泉を楽しむことができます。

せっかく富山まで来たら、お祭りだけでなく
温泉も楽しんで帰りましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、おわり風の盆についてご紹介しました。

一風変わった音楽の合わせて踊る踊り子さんたちを
見ているだけでもかなりの楽しみや発見があるお祭り。

今年の旅行は富山でおわり風の盆を楽しむ
というプランにしてはいかがでしょうか?